ホーム > 豊島区新庁舎 > としまエコミューゼタウン受賞歴

ここから本文です。

としまエコミューゼタウン 受賞歴

◇「2015年度 グッドデザイン賞」(公益財団法人日本デザイン振興会)

 街区地域開発部門

 地域コミュニティづくり・社会貢献・開発部門

 ◇「グッドデザイン賞」

  1957年に旧通商産業省によって設立された「グッドデザイン商品選定制度」(通商Gマーク制度)を継承する、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動。単にものの美しさを競うのではなく、産業の発展とくらしの質を高めるデザインを、身の回りのさまざまな分野から見いだし、広く伝えることを目的とする。世界でも有数の規模と実績を誇るデザイン賞として、多くの人びとから支持されている。

◇「第15回 屋上・壁面緑化技術コンクール」(公益財団法人都市緑化機構)

 環境大臣賞(屋上緑化部門)

 日本経済新聞社賞(壁面・特殊緑化部門)

 ◇「屋上・壁面緑化技術コンクール」

  2004年創設。建物の屋上や壁面など特殊空間の緑化は、都市環境の改善に非常に有効である一方、技術的に困難とされてきた。こうした特殊空間の緑化について積極的に取組み、優れた成果を上げている民間企業、地方公共団体、個人等を顕彰することにより、都市緑化技術の一層の普及推進を図り、みどり豊かな都市環境の実現に寄与することを目的とする。

◇「2016年度 日本都市計画学会賞」(公益社団法人日本都市計画学会)

 計画学会賞

 ◇「日本都市計画学会賞」

  1959年創設。わが国の都市計画の一層の進歩・発展を図ることを目的に、都市計画に関する学術・技術の発展に顕著な貢献をしたと認められる研究・業績を成した者を表彰する。

◇「第57回 BCS賞」(一般社団法人日本建築業連合会) 

 ◇「BCS賞」

  1960年創設。BCSは建築業協会(Building Contractors Society)の略。「優秀な建築物を作り出すためには、デザインだけでなく施工技術も重要であり、建築主、設計者、施工者の三者による理解と協力が必要である」という理念のもと、わが国の良好な建築資産の創出を図り、文化の発展と地球環境保全を寄与することを目的に国内の優秀な建築作品に授与されている。

 

お問い合わせ

更新日:2018年6月1日