ホーム > 手続き・届出 > > トピックス > 区内中学生「税の作文」 > 区内中学生「税の作文」 東京税理士会豊島支部 支部長賞

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

区内中学生「税の作文」 東京税理士会豊島支部 支部長賞

日本とスェーデンの違い 本郷中学校二年 工藤 達至 さん

 「給料が上がらないのに消費税が上がっては生活が苦しくなるだけだ。」

このような声を街頭インタビューなどでよく耳にする。私たちが毎日買い物をするものには必ず消費税がかかっている。毎日買う物に八%の消費税がかかっているとしたら負担も大きかろう。毎日必要な食品等には高い税率をかけない「軽減税率」という制度もあるが、なかなか決まらないようだ。何故国にお金が足りないのに増税が早く決まらないのだろう。

 十%、十五%の税金は高いのかどうか、という議論をテレビで行う時に、スェーデンは消費税が二十五%だと説明している議員がいた。五%から八%に上がっただけでも先程の街頭インタビューのような声が聞かれたのにスェーデンの国民は、その倍以上の二十五%でも納得して税金を納めているのだろうか。日本とスェーデンの違いは何だろう。

 日本との違いでまず挙げられるのは、世界トップレベルの福祉制度の充実だろう。教育費は大学まで無料。医療費も十八歳以下は無料。成人も自己負担があまりかからないようになっている。軽減税率も導入されており、税率の高さを他の制度でカバーしているということだろう。

 だがやはり一番の大きな違いは、財源をどのように使うのかは各自治体に委ねられていて、様々な議論が行われるということだと思う。あるサービスを求める声があれば、そのサービスを受けるには税金を何%上げれば良いか、それでもそのサービスが必要かを議論して、住民の理解を得てから税率を上げる。逆に税率が高いという声が上がれば、どのサービスを廃止するのか議論する。自分たちが話し合い、自分たちが払った税金に見合ったサービスを受けられるのだから、納得して納税するだろう。日本の場合はどうか。色々な制度の、足りない部分を税金で補っているが、納めた税金の流れがいまいち分かりにくく国民の為に使われているということよりも、政治家のポケットに入っているというニュースに目がいってしまうので反対という意見が出てしまうのも仕方がないかもしれない。

 スェーデンには塾が無い。給食費もかからない。民間の保険に入ることもない。人生の心配事が税金で賄え、安心して暮らせる。

 日本でスェーデンのようなサービスを求める事は難しい。しかし自分たちが払う税金の流れや、使われ方が正しいのかどうか。国民の為なのか、一部権力者の為なのか。私たちがしっかり目を光らせ、見極めていけば納得される使われ方になるのではないか。

お問い合わせ

更新日:2017年1月18日