ここから本文です。

同じ敷地内に狭小住戸を含む建物を2棟以上建築する場合の取扱は?

同一敷地内であっても、建物1棟ごとの住戸数から別個に判断します。1棟ごとに9戸以上の狭小住戸があるかどうかによって、課税対象となるかがきまります。建物ごとにきまりますので、同一敷地内だからといって合算する必要はありません。
ただし、共用廊下等で結ぶなどして構造上1棟の建築物として認められる場合には、このかぎりではありません。

関連情報

狭小住戸集合住宅税

お問い合わせ

更新日:2015年2月23日