ホーム > 手続き・届出 > > その他の税(区たばこ税・入湯税・狭小住戸集合住宅税) > 法定外税(狭小住戸集合住宅税等) > よくある質問 > 申告納付後、途中で計画を変更し、狭小住戸の数が減ったとき、あるいは増えたときなどはどうなりますか?

ここから本文です。

申告納付後、途中で計画を変更し、狭小住戸の数が減ったとき、あるいは増えたときなどはどうなりますか?

狭小住戸の数が申告納付後に減ったときは、「更正請求」という手続きをしていただきます。この場合は、区の決定によって税を還付します。
狭小住戸の数が申告納付後に増えたときは、建築物の完成前であれば、「修正申告」及び「納付」の手続きが必要です。
申告納付後で建築物が完成した後であれば、建築物完成後に新たに生まれた狭小住戸の数が9戸以上のときに、この新たに生まれた狭小住戸の数に基づき「申告」及び「納付」の手続きが必要となります。

関連情報

狭小住戸集合住宅税

お問い合わせ

更新日:2015年2月23日