ホーム > 手続き・届出 > > 住民税 > 住民税の公的年金からの引き落とし制度について(特別徴収)

ここから本文です。

住民税の公的年金からの引き落とし制度について(特別徴収)

平成21年10月から住民税の公的年金からの引き落としが始まりました。この制度によって新たな税負担が生じるものではありません。
また平成29年4月から、月々引き落としされる税額の計算方法が変更になりました。(この変更は年税額の按分方法の変更であり、税負担割合に変更が生じるものではございません。)

対象のかた

4月1日現在、65歳以上の公的年金受給者で、前年中の年金所得に係る住民税が課税されるかた。
ただし、以下のいずれかに該当するかたは対象となりません。

  • 引き落とされる住民税額が老齢基礎年金等の額を超えるかた
  • 老齢基礎年金等の年額が18万円未満のかた
  • 公的年金受給者でなくなったかた

引き落としされる年金

老齢基礎年金または昭和60年以前の制度による老齢年金、退職年金等から引き落とされます。
障害年金及び遺族年金等の非課税の年金からは、住民税の引き落としはされません。

公的年金から引き落とされる住民税額

年金所得の金額から計算した住民税額のみです。給与所得や事業所得などの金額から計算した住民税額は、給与からの引き落とし、または納付書もしくは口座振替で納めていただきます。

引き落としの方法

1.前年度から引き続き引き落としになるかた

年度の前半の4月、6月、8月支給分の年金からは、前年の年金所得に係る税額の2分の1の金額を3分割して引き落とされます(仮特別徴収)。その年度の税額が決定した後、年度の後半の10月、12月、翌年2月には、年間の税額から前半で引き落とされた金額を差し引いた金額を3等分してそれぞれ引き落とされます。

徴収月

徴収方法

金額

4月

年金からの引き落とし

前年の年金所得に係る税額の6分の1

6月

年金からの引き落とし

前年の年金所得に係る税額の6分の1

8月

年金からの引き落とし

前年の年金所得に係る税額の6分の1

10月

年金からの引き落とし

年税額から仮特別徴収分を引いた残額の3分の1

12月

年金からの引き落とし

年税額から仮特別徴収分を引いた残額の3分の1

2月

年金からの引き落とし

年税額から仮特別徴収分を引いた残額の3分の1

2.今年度より引き落としが開始になるかた

まず年間の税額を年度の前半と後半で2等分します。前半分については、普通徴収(個人での納付)になりますので、6月と8月で2等分し、納付書または口座振替にて納めていただきます。後半分については10月、12月、翌年2月で3等分し、年金から引き落としになります。

徴収月

徴収方法

金額

6月(普通徴収1期)

納付書または口座振替により納付

年税額の4分の1

8月(普通徴収2期)

納付書または口座振替により納付

年税額の4分の1

10月

年金からの引き落とし

年税額から普通徴収分を引いた残額の3分の1

12月

年金からの引き落とし

年税額から普通徴収分を引いた残額の3分の1

2月

年金からの引き落とし

年税額から普通徴収分を引いた残額の3分の1

引き落としが中止となる場合

年金の支給停止等があった場合には、引き落としが中止され普通徴収に変更となり、納付書または口座振替により納めていただくようになります。

お問い合わせ

更新日:2017年4月28日