ホーム > 国民健康保険に入るとき・やめるときは必ず届け出てください

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

国民健康保険に入るとき・やめるときは必ず届け出てください

国民健康保険に加入する、やめるといった理由が生じた日から14日以内に、国民健康保険課または区民事務所で手続きをしてください。届出に必要なものなど詳しくは、問い合わせてください。

加入の手続きが必要なとき

職場の健康保険をやめた方(職場の健康保険を任意継続する方、家族の社会保険の扶養となるなど別の健康保険に加入できる方は手続き不要)

やめる手続きが必要なとき

国民健康保険に加入している方が、他の健康保険(職場の健康保険など)に加入したとき

加入の手続きが遅れると

保険料は、国民健康保険に加入する理由の生じた月にさかのぼって(最大2年間分)支払っていただきます。また、その間の診療は全額自己負担になります。

やめる手続きが遅れると

国民健康保険証を使って診療を受けた場合、国民健康保険で負担した医療費は返していただくことになります。

外国籍の方で、住民基本台帳法の対象となった場合は、国民健康保険に加入しなければなりません。(職場の健康保険に加入している方を除く)

株式会社などの法人事業所に常時勤務している方は、社会保険事務所または健康保険組合の扱う健康保険に加入することになります。パートやアルバイトの方でも、勤務時間が常勤社員の4分の3以上で、雇用期間が2か月以上の場合などは、常時勤務している方と同様の取り扱いとなります。

こんなときには必ず14日以内に届出をしましょう

こんなとき 必要なもの 届出先
入るとき 豊島区に転入してきた 本人確認書類※(保険証即日受取りの場合)、キャッシュカード、預金通帳、金融機関届出印 国民健康保険課または区民事務所
他の健康保険をやめた、扶養から抜けた 資格喪失証明書(または離職票、退職証明書など)、本人確認書類※(保険証即日受取りの場合)、キャッシュカード、預金通帳、金融機関届出印
生活保護を受けなくなった 保護廃止決定通知書、キャッシュカード、預金通帳、金融機関届出印
子どもが生まれた 本人確認書類(即日受取りの場合)
やめるとき 豊島区から転出する 国民健康保険証、印かん
他の健康保険に入った 国保証と社保証などの両方の保険証、印かん
生活保護を受けるようになった 国民健康保険証、保護開始決定通知書、印かん
死亡した

喪失の届出不要。

ただし葬祭費の支給には、別途申請が必要です

その他 区内で住所が変わった、世帯主や氏名が変わった、世帯を分けた、世帯を一緒にした 変更する方全員分の国民健康保険証
保険証をなくした 本人確認書類※(即日受取りの場合)
区外の特別養護老人ホームなどの社会福祉施設に入所する 保険証、入所証明書(写)など 国民健康保険課
介護保険第2号被保険者の適用除外に該当した、またはしなくなった 指定通知書など
外国籍の方 上記のいずれの届出にも、上記必要なものの他に在留カード・パスポートが必要です。
在留資格が特定活動の場合は、指定書も必要です。

※保険証の即日受取りができる本人確認書類……運転免許証、パスポート、顔写真付き住基カード(豊島区の住所が確認できるもの)、在留カードまたは特別永住者証明書、その他官公署発行の免許証または証明書(顔写真・生年月日のあるもの)など

窓口に申請に来る方が世帯主または同一世帯員以外(住民票上の世帯が別)の場合は、委任状が必要です。

☆保険料のお支払いは、口座振替が原則です。加入手続きの際はキャッシュカード、預(貯)金通帳、通帳届出印をお持ちください。

☆ペイジー口座振替受付サービスを行なっています。対象金融機関のキャッシュカードをお持ちいただくだけで、通帳届出印がなくても口座振替の受付が可能です。申込み月の翌月から振替を開始します。

国民健康保険をやめる手続きが遅れると、国民健康保険証を使って診療を受けてしまうことがあります。この場合は、国民健康保険から支払われた医療費を、後日返していただくことになります。

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2015年8月11日