ホーム > 手続き・届出 > 年金・保険 > 国民健康保険 > 給付に関するお知らせ > 国民健康保険加入者の方へ高額療養費が支給されます

ここから本文です。

国民健康保険加入者のかたへ高額療養費が支給されます

病気やけがなどで医療機関にかかり、「自己負担限度額」を超えて一部負担金を支払ったときは、超えた分が「高額療養費」として支給されます。高額療養費の計算は、月ごと、医療機関ごと、入院・外来別に計算します。入院時の食事代や差額ベッド代など保険対象外の負担は除きます。

申請方法

該当するかたに、診療月の3から4か月後に「高額療養費の申請について」というお知らせを送付します。届きましたら国民健康保険課に申請してください。

「限度額適用認定証」を使用する場合

「限度額適用認定証」(70未満のかた)または「高齢受給者証」(70歳以上75歳未満のかた。一定の要件に該当するかたは「限度額適用・標準負担額減額認定証」も必要)を初めに提示すると、医療機関への支払いが「自己負担限度額」までとなります。

「限度額適用認定証」の申請に必要なもの

交付対象者の保険証、入院日数のわかる領収書など

※「限度額適用認定証」は保険料に未納があると交付できない場合があります。

※「限度額適用認定証」の有効期限は7月31日までです。8月1日以降も必要な場合は、改めて窓口で申請してください。

お問い合わせ

更新日:2018年7月31日