ホーム > 手続き・届出 > 年金・保険 > 後期高齢者医療制度 > お知らせ > 75歳になられたら後期高齢者医療制度に加入します

ここから本文です。

75歳になられたら後期高齢者医療制度に加入します

後期高齢者医療制度への加入

現在、勤務先の保険や国民健康保険などに加入されているかたも75歳の誕生日から後期高齢者医療制度に自動的に加入となります。

対象者

  • 75歳以上のかた(誕生日から)
  • 65歳以上の一定の障害があるかたで、申請に基づき広域連合の認定を受けたかた(認定を受けた日から加入) なお、このかたの場合は、後期高齢者医療制度か国民健康保険の選択が可能です。

保険証

保険証は、一人に1枚です。75歳の誕生日までに簡易書留で郵送します。

保険料

後期高齢者医療保険料は、加入した時から被保険者一人ひとりが納めます。

全員が同額を負担する均等割額と、所得に応じて負担する所得割額の合計となります。

納付方法

納付方法は、公的年金から引き落とされる「特別徴収」と納付書や口座振替により納める「普通徴収」の2通りがあります。

特別徴収

公的年金(介護保険料が引かれている年金)から後期高齢者医療保険料が引き落とされます。(口座振替のみ変更可能)

ただし、以下の場合は、特別徴収できません。

  1. 公的年金の受給額が18万円未満のかた
  2. 介護保険料と後期高齢者医療保険料を合わせた額が、公的年金の1回当たりの年金受給額の2分の1を超えるかた
  3. 年度途中で他の区市町村から転入したかた(一定期間のみ)
  4. 年度途中で75歳になられたかたなど(一定期間のみ)

普通徴収

特別徴収の対象とならないかたは納付書や口座振替により納めます。

納付相談

納付が遅れる場合など納付相談を行っています。

注意事項

口座振替を希望されるかたは、前に加入していた国民健康保険等で口座振替を利用していたかたでも、改めてお申込みが必要です。

お問い合わせ

後期高齢者医療グループ TEL:03-3981-1332、整理収納グループ TEL:03-3981-1459

更新日:2016年3月29日