ホーム > 手続き・届出 > 年金・保険 > 後期高齢者医療制度 > お知らせ > 75歳の誕生日から後期高齢者医療制度の被保険者に替わります

ここから本文です。

75歳の誕生日から後期高齢者医療制度の被保険者に替わります

後期高齢者医療制度への加入

 それまで加入していた医療保険(国民健康保険・勤務先の保険など)から自動的に切り替わるので、加入手続きは不要です。

対象者

  • 75歳以上の方(誕生日から)
  • 65歳以上の一定の障害がある方で、申請に基づき東京都後期高齢者医療広域連合の認定を受けた方(認定を受けた日から。国民健康保険に加入の方は、後期高齢者医療制度との選択が可能です。)

保険証

  • 被保険者一人に1枚交付されます。
  • 75歳の誕生日までに簡易書留で郵送され、2年ごとに更新となります。
  • 現在の保険証(藤色)の有効期間は、平成30年7月31日までです。

保険料

  • 加入した時から被保険者一人ひとりにかかります。
  • 被保険者が均等に負担する「均等割額」と、所得に応じて負担する「所得割額」の合計です。

納付方法

 納付方法は、公的年金から引き落とされる「特別徴収」と納付書や口座振替により納める「普通徴収」の2通りがあります。

 口座振替を希望される場合は、それまで加入していた国民健康保険等で口座振替を利用していても、口座は引き継がれませんので、新たにお申し込みが必要です。

特別徴収

 公的年金(介護保険料が引かれている年金)から後期高齢者医療保険料が引き落とされます。(口座振替のみ変更可能)

ただし、以下の方は、特別徴収できません。

  1. 公的年金の受給額が年額18万円未満の方
  2. 介護保険料と後期高齢者医療保険料を合わせた額が、天引の対象となる年金の1回当たりの年金受給額の2分の1を超える方
  3. 年度途中で他の区市町村から転入した方(一定期間のみ)
  4. 年度途中で75歳になられた方(一定期間のみ)

普通徴収

特別徴収の対象でない方は、納付書または口座振替により納めます。

その他

 国民健康保険に加入していた方で、「減額認定証」や「特定疾病療養受給者証」を交付されていた方は、後期高齢者医療制度に加入した場合に、改めて申請が必要です。

納付相談

期限内納付が難しい場合は、納付相談を行っています。

お問い合わせ

後期高齢者医療グループ TEL:03-3981-1332、納付相談:整理収納グループ TEL:03-3981-1459

更新日:2017年3月11日