ホーム > イベントカレンダー > としまアートステーション構想シンポジウム「人とまちをつなぐアート/その実践と展望」

ここから本文です。

としまアートステーション構想シンポジウム「人とまちをつなぐアート/その実践と展望」

 としまアートステーション構想では、アートを生み出す小さな拠点「アートステーション」のさまざまなかたちを提案してきました。人々が出会い、自分なりの活動をはじめる準備室「としまアートステーションZ」、木造賃貸アパートの一室を拠点に、まちのあちこちで小さな活動を展開する「としまアートステーションY」、そして、区役所、介護施設、マンションなどすでに機能している場所に新たな活動を持ち込む「としまアートステーションX」。これらの試みを通して、この構想に関わる区民「オノコラー」をはじめ、さまざまな主体者によるアートステーションの種が、多数生まれています。

 このシンポジウムでは、本事業終了にあたり、これまでの活動を振り返り、地域における区民の主体的な創造活動を支援する文化事業の意義と役割、可能性や課題を確認するとともに、類似する他の実践例を参照しながら、豊島区内外におけるアートステーションの展開可能性について考えます。


詳細はウェブで http://www.toshima-as.jp


・お問い合わせ
としまアートステーション構想事務局(一般社団法人オノコロ)
☎:5927-1473

実施日

平成29年1月23日(月曜)

実施時間

午後6時半から9時

場所

雑司が谷地域文化創造館第2練習室

内容

第1部 午後6時半から7時
としまアートステーション構想活動報告

第2部 午後7時10分から9時
パネルディスカッション「人とまちをつなぐアート/その実践と展望」

出演

モデレーター:
熊倉純子(東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授)

パネリスト:
太下義之(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 芸術・文化政策センター長)
鈴木一郎太(株式会社大と小とレフ取締役)
藤浩志(美術家、秋田公立美術大学教授)

定員

80名(先着順)

主催・後援

東京都、豊島区、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、一般社団法人オノコロ

申込み方法

としまアートステーション構想webサイト、申込フォームより
http://www.toshima-as.jp

申込み先名

一般社団法人オノコロ

申込み先電話番号

☎:5927-1473

お問い合わせ

としまアートステーション構想事務局(一般社団法人オノコロ)
?:5927-1473

更新日:2016年12月13日