ホーム > イベントカレンダー > 巣鴨撮影所跡地で大都映画を語る ー伝説のシネマパラダイスー

ここから本文です。

巣鴨撮影所跡地で大都映画を語る ー伝説のシネマパラダイスー

かつて巣鴨には映画の撮影所(現巣鴨北中学校)があり最先端の文化発信地だった。映画監督 古勝敦氏とともに昭和初期に制作された大都映画を鑑賞しながら、当時の巣鴨を今に伝える。

実施日

平成29年11月11日(土曜日)

実施時間

午後7時から9時まで(午後6時45分開場)

場所

巣鴨北中学校・体育館

交通アクセス

※都営三田線「西巣鴨」駅 A4 (エレベーター出口)すぐ
※都電荒川線「新庚申塚」駅より 徒歩3分
※公共交通機関でお越しください。

内容

昭和初期にかけ巣鴨には映画の撮影所(現巣鴨北中学校)があり、最先端の文化発信地だった。この地で制作された大都映画作品を鑑賞しながら、現役映画監督 古勝敦氏ほか、当時に詳しい人物たちが、文化の発信地であった巣鴨を今に伝える。

講師

映画監督 古勝 敦氏
脚本家・作家 本庄 慧一郎氏
豊島区教育委員会事務局 教育部庶務課 文化財グループ 学芸員 伊藤 暢直氏

対象

どなたでも・お子様連れ歓迎

定員

約100名

費用

無料

持ち物

スリッパなどうわばきをご持参ください。

主催・後援

主催:株式会社オーウィン
共催:豊島区

申込み方法

当日参加可。直接会場へお越しください。

お問い合わせ

株式会社オーウィン 担当:山岸
【TEL】03-6869-8707

更新日:2017年11月10日