ホーム > 文化・観光 > 文化 > 郷土資料館 > 年間行事予定

ここから本文です。

年間行事予定

豊島区立郷土資料館年間事業予定【平成29年4月から平成30年3月】

平成29年10月1日にリニューアルオープンしました。

展示

リニューアルした常設展示は見どころ満載!

豊島区のあゆみ

区のあゆみを5色で見せる全長6メートルの「色でたどる豊島区年表」

大地の誕生

自然・人が刻んだ痕跡を高さ4メートルの地層剥ぎ取り標本で展示

原風景以前

旧石器から武士の登場まで幾重にも重なった区域の風景を紹介

原風景の形成と変容

江戸に接する農村地帯の実情と変化を、古文書など使って展示

近代都市への道

都市化の諸相を、交通・産業・娯楽など様々な切り口で紹介

語り継ぐ・戦争

戦中・戦後の生活資料や空襲直後の写真、被災資料などを展示

暮らす・祈り

生活資料を中心に、暮らしの変化や様相をテーマを替えて展示

リニューアルオープンチラシ(PDF:231KB)

リニューアル記念企画展【第1弾】

学びと暮らし

平成30年1月28日(日曜日)まで開催

  • 小学校の郷土学習に対応した昔のくらしを体験できる6畳の和室を再現展示
  • 江戸時代の寺子屋や公立小学校の教材などを通して豊島区の教育のあゆみを紹介

リニューアル記念企画展【第2弾】

アトリエのときへ―10の小宇宙

会期:平成30年2月6日(火曜日)から3月25日(日曜日)まで

  • アトリエ村を擁した豊島区で、かつて暮らした5人の作家のアトリエ映像を初公開
  • アトリエの主たちが制作した作品をそれぞれ「旅」になぞらえて紹介
  • 小熊秀雄《夕陽の立教大学》、寺田政明《ブルターニュの巨石(対話)》、麻生三郎《自画像》など、40数点を展示予定

講座・講演・見学会など

『広報としま』各種イベント情報欄で参加者の募集をいたします。

刊行物

有償刊行物は、資料館事務所のほか、行政情報コーナー(区役所)でも販売しています。また、区立図書館でも閲覧できます。

  • 研究紀要「生活と文化」第27号
    付・平成28年度年報

    平成30年3月刊行予定
  • 「かたりべ」124号(7月)、125号(9月)、126号(12月)、127号(3月)刊行予定
  • 刊行物
  • 最新の刊行物

休館

  • 年末年始の休館
    平成29年12月28日から平成30年1月4日
  • 展示替えによる臨時休館
    平成30年1月29日から平成30年2月5日

雑司が谷旧宣教師館年間事業予定【平成29年4月~平成30年3月】

雑司が谷旧宣教師館の概要・沿革

講座・事業など

『広報としま』各種イベント情報欄で参加者の募集をいたします。

刊行物

休館

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2017年12月5日