マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

戦時下の区民生活 となりぐみ

  • 展示期間2000年7月18日から2000年9月16日
  • 図録なし

この収蔵資料展では、これまでに寄贈・提供された町会・隣組関係の資料を中心にして、戦争に動員される区民の姿を描くことをテーマにしています。展示は次のコーナーから構成されています。

「となりぐみとは」

自生的な組織であった町会が戦時下、1940年9月の内務省訓令などによって翼賛体制に組み込まれ、戦争遂行のための組織に変わっていきます。また、町会の下部組織として隣組がつくられます。

お金とモノの動員

膨大な戦費をまかなうため、国民に節約や貯蓄、国債・債券類の購入が強要されました。隣組は、貯蓄や債券購入の実行機関となって活動します。

配給と「となりぐみ」

戦争によって、食糧・物資が不足し、配給制や切符制がとられます。町会や隣組は、その運営の中心的な仕事をすることになります。

空襲と防空

隣組は防空のための単位にもなります。防空演習や防空壕の建設などをおこないます。

「となりぐみ」の再編と廃止

敗戦後、町会・隣組は自主化・民主化による再編成を試みますが、結局、戦後の民主化措置の一つとして廃止されました。

更新日:2015年2月25日