ホーム > 文化・観光 > 文化 > 郷土資料館 > これまでに開催した特別展・企画展図録 > トキワ荘のヒーローたち_漫画にかけた青春

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

トキワ荘のヒーローたち_漫画にかけた青春

  • 展示期間1986年11月18日から1986年12月26日
  • 図録品切れ

今回の特別展は、旧椎名町5丁目にあったトキワ荘に居住した手塚治虫をはじめとする漫画家集団の青春時代をとり上げました。

日本近代漫画の出発は北沢楽天や岡本一平に求められますが、明治から大正にかけての特徴は世相風刺にあります。これは発表媒体が主に「新聞」だったことに規定されているとも言えます。その購読者も子供を対象としたものに拡大し、雑誌『少年倶楽部』を中心に少年漫画が盛んになりました。その代表は田河水泡の「のらくろ」と島田啓三の「冒険ダン吉」です。戦後漫画はその影響を受け、新聞4コマ漫画を一つの流れとしつつ特に月刊少年誌が隆盛し、これと貸本の単行本に多くの新人が活躍しました。

戦後漫画をリードしたのが手塚治虫であることは言うまでもありませんが、トキワ荘グループはその影響を強く受けた、主に『漫画少年』などの月刊誌を舞台に活躍した戦後第一次新人漫画家集団でした。

彼等は新漫画党を結成し、党首の寺田ヒロオの他、藤子不二雄・石ノ森章太郎・赤塚不二夫・つのだじろう・鈴木伸一などがいました。そのほとんどが地方から上京してきた若者で、新人のアパート暮らしは楽ではありませんでした。安いキャベツばかり食べたり、風呂もろくに入れない生活でした。だが文化活動は旺盛で、活発、奇抜なものでした。

映画鑑賞が最大の娯楽でしたが、彼等は単なる娯楽とせず、勉強の場として仕事に生かしていました。安孫子素雄は支出の一割が映画代でした。漫画という静止した二次元の世界にたずさわる彼等にとり、動く写真は魅力だったに違いありません。彼等は八ミリで劇映画を作りました。安孫子・石ノ森はテレビを買い、石ノ森はステレオも持っていました。SFや文学を読みました。この文化・電気器具の早い購入は一見贅沢なようですが、決してそうではなく、創作活動の一環そのものだったのです。

遊びも茶目気のある凝ったもので、八ミリ映画や野球にも賞状を用意しました。新漫画党の会合は腹のよじれるほど愉快なもので様々なエピソードを生みます。そのような楽しい共同生活があったからこそ、今でも彼等の友情は続き、再会すれば青春が蘇るのでしょう。

(かたりべ7号より)

更新日:2018年3月14日