ホーム > 文化・観光・スポーツ > 観光 > 銀杏(イチョウ)

ここから本文です。

銀杏(イチョウ)

銀杏(イチョウ)の名所

立教大学

立教大学構内のイチョウ2明治7年創立。
イギリスのチューダー・ゴシック様式を取り入れた本館をはじめ第1食堂などが東京都歴史的建造物に指定されています。
校舎前に植樹された約25メートル高のヒマラヤ杉(樹齢80年以上)は有名ですが、イチョウの木も見事。
ツタの絡まる校舎とともに絵画のような美しい景観です。

西池袋3-34-1

雑司が谷鬼子母神

境内の大イチョウは、樹齢約600年以上。
幹周りは約8メートル、樹高30メートルを超える大木で、都内のイチョウでは、麻布善福寺のイチョウに次ぐ巨樹。
都の天然記念物に指定されています。

雑司が谷3-15-20

雑司が谷鬼子母神のイチョウ1 雑司が谷鬼子母神のイチョウ2

学習院大学前 目白通り

学習院大学前 目白通りのイチョウ目白駅から学習院大学方面へ進むと、目白通り沿いに、イチョウの街路樹が並んでいます。
春は新緑、秋は金色と目に鮮やかな景色が広がります。

天祖神社

天祖神社のいちょう境内には、樹齢600年ともいわれるご神木の夫婦銀杏があります。
戦争の被災にあったにもかかわらず、今日まで繁茂。
雌雄一対の大イチョウがあるのは、都内でもここだけ。
縁結びイチョウとも呼ばれています。

写真は右が雄、左が雌のイチョウで、幹周りは共に6メートル程あります。

南大塚3-49-1

お問い合わせ

更新日:2018年1月5日