ホーム > 文化・観光 > 観光 > マンガ・アニメ > マンガの豊島区 トキワ荘のあった街

ここから本文です。

マンガの豊島区 トキワ荘のあった街

マンガの豊島区。ここでは、区にゆかりのあるマンガ文化を紹介します。

トキワ荘のあった街 椎名町(現・南長崎)

トキワ荘とは

「トキワ荘」とは、マンガ界の第一人者、手塚治虫氏、藤子不二雄(A)氏、藤子・F・不二雄氏、石ノ森章太郎氏、赤塚不二夫氏らのマンガ家が、青春時代・下積み時代を過ごしたアパートです。椎名町(現・南長崎)にありましたが、昭和57年に解体され、現存しません。

注釈)漢字表記について

正しくは手塚治虫氏の「塚」は旧字体で表記します。また、藤子不二雄(A)氏のAは丸囲みで表記します。

記念碑で再現されたトキワ荘

記念碑「トキワ荘のヒーローたち」

日本のマンガ史に名を残すトキワ荘。地域住民の呼びかけによって、区立南長崎花咲公園に記念碑が設置されました。碑には、マンガ家たちの自筆の似顔絵やサインが入っています。

記念碑は南長崎花咲公園に設置されています(公園ガイドのページへ)

記念碑「トキワ荘のヒーローたち」

トキワ荘跡地モニュメント

現在は解体されてしまっている伝説のアパート「トキワ荘」。この跡地にモニュメントが設置されています。(設置場所:南長崎3-16-6、私有地内のため、節度ある見学をお願いいたします。)

atoti

区と地域 力を合わせた取り組み

区とトキワ荘のあった街である南長崎地域では、トキワ荘の「記憶」を地域文化として後世に繋げるため、様々な取り組みを行なっています。
平成21年度に記念碑「トキワ荘のヒーローたち」が設置されて以降、トキワ荘の文化を伝える動きは、ますます高まっています。

ただ今進行中! としま南長崎トキワ荘協働プロジェクト

プロジェクト

としま南長崎トキワ荘協働プロジェクトは、南長崎地域の町会や商店会が中心となって進めるトキワ荘の地域活性プロジェクトです。
マンガ愛を込めたプロジェクトを企画しています。ご興味のある方、ぜひご参加ください!! 

 

 

 

マンガによるまちづくり 様々な取組み

トキワ荘のあったまち、マンガの聖地南長崎における様々な取組みをご紹介します。

(仮称)マンガの聖地としまミュージアム

マンガの聖地としま!モニュメント

トキワ荘通りお休み処

紫雲荘・活用プロジェクト

横山光輝作品・特別住民票

トキワ荘関連事業マンガ寄附金について

マンガ文化関連情報

過去のマンガ関連イベント 

地域関連

豊島区郷土資料館関連

その他

まだまだある!豊島区のマンガ文化

マンガ散策

区内にはトキワ荘の他にも、マンガにちなんだスポットがたくさんあり、ゆかりのあるマンガ家さんも大勢いらっしゃいます。マンガマップを見て、マンガ散策を楽しむのはいかがでしょうか。

豊島区観光案内パンフレット

ピックアップ! 雑司が谷エリア

雑司ケ谷案内処2階ギャラリー

雑司が谷には、手塚治虫がトキワ荘の次に住んだ並木ハウスがあります。手塚のトキワ荘・並木ハウス時代の連載作品としては、「ジャングル大帝」をはじめ、「鉄腕アトム」や「リボンの騎士」などが挙げられます。

平成22年にオープンした雑司ケ谷案内処2階ギャラリーでは、手塚治虫が並木ハウスについて紹介するパネルが展示されています。

ピックアップ! 千早エリア

千早図書館に展示されている鉄人28号

「鉄人28号」や「魔法使いサリー」などの作品でお馴染みの横山光輝。通称マンガの鉄人は、昭和35年から亡くなるまでの45年間を千早地域で過ごしました。現在、豊島区立千早図書館には、鉄人28号の像や横山光輝コーナーが設けられています。

特別住民票について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2017年1月11日