ホーム > イベントカレンダー > 中央図書館 古典文学講座「源氏物語と仏教~作中にみる思想・信仰の諸相を読む~」(全8回)※募集終了

ここから本文です。

中央図書館 古典文学講座「源氏物語と仏教~作中にみる思想・信仰の諸相を読む~」(全8回)※募集終了

【往復ハガキ申込受付期間】4月11日(土曜日)から4月24日(金曜日)まで※必着

申込受付は終了しました(4月25日更新)

大場朗先生

大正大学名誉教授 大場朗(おおばあきら)氏

kouzahuukeikotenn

講座の様子

実施日

令和2年5月21日(木曜日)から原則毎月第3木曜日 ※8月・12月を除く。
6月18日(木曜日)、7月16日(木曜日)、9月17日(木曜日)、10月15日(木曜日)、11月19日(木曜日)、1月21日(木曜日)、2月18日(木曜日)

※新型コロナウイルスの影響により実施日が変更になる場合があります。

【中止情報】4月25日更新
第1回5月21日、第2回6月18日、第3回7月16日の講座は中止となりました。
開講は9月17日を予定しております。

今後、開催状況に変更がある場合は当ページにてお知らせします。
受講当選者の方へは個別にご連絡いたします。

実施時間

午前9時30分~午前11時30分

場所

豊島区立舞台芸術交流センター(あうるすぽっと)3階会議室ほか
(豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル3階)

交通アクセス

東京メトロ有楽町線「東池袋駅」6・7番出口より直結
JR「池袋駅」東口より徒歩8分
都電荒川線「東池袋四丁目」より徒歩2分

内容

海外で「世界文学の奇跡」と言われている『源氏物語』54帖の中から、仏教の思想・信仰に関わる場面を取り上げ味読します。『源氏物語』には数々の名場面があり、読者を感動へと導いてくれますが、そのような場面には、必ずといっていいほど仏教の思想や信仰が深く関わり、作品に奥行きをもたらし、豊かなものにしています。名場面の核心を共に鑑賞しましょう。

【前半講座タイトル】
第一回 平安仏教の思想と信仰
第二回 桐壺更衣と愛別離苦(桐壺巻)
第三回 末摘花と普賢菩薩(末摘花巻)
第四回 光源氏の普賢信仰(葵巻)

講師

大場朗(おおばあきら)氏
【講師プロフィール】
昭和28年山形県生まれ。大正大学名誉教授、日本文学科非常勤講師。博士(文学)、専門分野は中古・中世文学と仏教思想の関係。特に源氏物語・宝物集・西行などを研究している。大正大学オープンカレッジ、朝日カルチャーセンター横浜、茨城県弘道館アカデミー県民大学などの講師をつとめる。

対象

豊島区立図書館の利用カードの登録がある方
※区内在住でない方でもご登録いただけます。詳細は、豊島区立図書館ホームページ等をご参照ください。

定員

30名 ※抽選制(昨年受講していない方優先として抽選)
事前申込みなしの当日参加者はお断りいたします。

費用

年間受講料500円
資料代として、初回受講時にいただきます。

申込み方法

往復ハガキ
氏名・ふりがな・図書館利用カードの番号(10桁の数字)・住所・電話番号・FAX番号・メールアドレス・本講座を知ったきっかけ、をご記入の上、「豊島区立中央図書館企画調整グループ」宛てに往復ハガキにてお申込みください。
【申込受付期間】4月11日(木曜日)から4月24日(金曜日)まで※必着

申込み先名

豊島区立中央図書館企画調整グループ
(〒170-8442 豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル5階)

申込み先電話番号

03-3983-7861(※お問い合わせのみ対応します。申込みは、往復ハガキでお願いします。)

申込み先ファクス

03-3983-9904(※お問い合わせのみ対応します。申込みは、往復ハガキでお願いします。)

申込み先Eメール

A0027900@city.toshima.lg.jp(※お問い合わせのみ対応します。申込みは、往復ハガキでお願いします。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2020年4月25日