ホーム > 暮らし・地域 > ごみ・リサイクル > 清掃・リサイクル等の実績 > 資源リサイクル運動(集団回収・マンション資源集団回収)

ここから本文です。

資源リサイクル運動(集団回収・マンション資源集団回収)

事業の概要・沿革

清掃工場を持たなかった豊島区がごみ減量を積極的に推進するため、地域・行政・資源回収業者と三位一体で昭和47年から町会・自治会等を中心に古紙等の資源回収を開始しました。区は資源回収に取り組んでいる町会・自治会等に対して、報奨金の支給や倉庫等の貸出しを行なっています。

実施事業

  • 資源リサイクル運動推進事業
    半年毎に実践団体へ資源回収量に応じて報奨金を支給しています。
  • 団体支援事業
    実践団体に対し、倉庫等の貸出しを行ない、団体の育成・支援を図っています。

実施状況・実績

項目\年度

24年度

25年度

26年度 27年度

実践団体

142

143

143 143

総回収量(キログラム)

4,211,520

4,163,371

3,969,448 3,769,247

報奨金対象回収量(キログラム)
(注1)

3,949,096

3,860,519

3,708,762 3,478,651

報奨金額(円)(注1)

23,694,576

23,159,194

22,233,892 20,853,106

報奨金単価(円)/キログラム(注2)

6

6

6 6

(注1)報奨金対象回収量(段ボール除く)及び報奨金額は歴年算定による。
(注2)町会が集団回収を行っていない地域内での実践団体は2円。

今後の動向・計画等

行政回収(新資源回収事業)とともに一層のごみ減量と資源の有効活用を図るため、地域の自主的な資源リサイクル運動を引き続き支援します。

 

更新日:2016年12月21日