ここから本文です。

普及推進事業

事業の概要・沿革

循環型社会実現のため、区民・事業者・行政の役割分担に応じた3R「ごみを出さない(リデュース=Reduce)」、「再使用する(リユース=Reuse)」「再利用する(リサイクル=Recycle)」実践の意識啓発及び生産・流通・消費段階での排出抑制を図ります。ごみの発生抑制やリサイクルの仕組みを地域社会の中に確立し定着させるために、リサイクル・ごみの減量・再生品の利用拡大に関する学習機会や情報の提供をすることで、3R実践行動へと結び付けて行きます。

一般向けには、講座、講師派遣、見学会等を実施する他、清掃・環境・リサイクルを総合的に紹介する、区民参加型のイベントを行います。また、将来を担う子どもたち向けに、学校への講師派遣、パンフレットの作成・配布を行っています。としまエコライフフェアなどのイベント参加の際にはパネルの展示も行なっています。

リサイクルの推進・再生品の利用拡大を図り、「資源循環型社会」を目指します。

実施事業

  • パネル展示
  • 講座・実践教室・見学会実施、講師派遣
  • としまエコライフフェア などのイベント参加

参考資料

「東京都豊島区廃棄物の発生抑制、再利用による減量及び適正処理に関する条例」(平成11年12月21日制定)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2019年3月26日