ホーム > まちづくり・環境・産業 > 住まい・生活環境 > 住宅計画 > アスベスト分析調査費用の助成

ここから本文です。

アスベスト分析調査費用の助成

豊島区では、住宅や建築物の安全対策を促進するため、アスベストを含有する可能性のある区内の建築物について、アスベスト分析調査費用を助成します。

助成の対象

  • 分析調査を実施する前に申請したもの
  • アスベストを含有している可能性のある吹付材等が使用されている区内の建築物等について、専門調査機関によるアスベスト分析調査に要した費用

対象者

  • 区内に建築物を有する企業、学校法人、社会福祉法人、医療法人等(国、地方公共団体その他これに準じる団体を除く)
  • 区内に建築物を有する個人
  • 区内にある分譲共同住宅の管理組合

助成金の交付額等

  • 調査費の100/100相当額(消費税相当額を除く、千円未満切捨て)
  • 助成限度額は25万円
  • 建築物1棟につき1回限りとする

分析機関について

  • 助成の対象となる分析検査機関については(社)日本作業環境測定協会ホームページに「石綿含有建材中の石綿含有率等分析機関一覧」が載っています。
  • 現在、(社)日本石綿協会、(社)日本環境測定分析協会、(社)日本作業環境測定協会精度管理センターでは、アスベスト含有率分析調査の検査機関の紹介は行っていません。
  • 建築物石綿含有建材調査者による総合的な石綿分析調査への関与が必要です。

石綿含有建材中の石綿含有率等分析機関一覧(新しいウィンドウで開きます)

申請方法および手続きの流れ

事前相談

申請前に、環境保全課窓口、または電話にて必ずご相談ください。添付書類等についてご案内いたします。

1.申請

「アスベスト分析調査助成承認申請書(第1号様式)」に必要事項を記入押印のうえ、添付書類といっしょに提出してください(添付書類の詳細は下記「アスベスト分析調査助成金必要書類」を参照してください)。

2.審査

豊島区では申請書を受理した後、内容を審査して問題がなければ交付を決定し、「アスベスト分析調査助成承認通知書(第2号様式)」を発行します。

3.アスベスト分析調査の実施

「アスベスト分析調査助成承認通知書(第2号様式)」を受け取ったら、分析調査を実施してください。調査終了後にいったん費用を支払い報告書を提出してもらってください。

4.助成金交付金申請書等の提出

「アスベスト分析調査助成金交付申請書(第7号様式)」に「アスベスト分析調査完了報告書(第6号様式)」と添付書類を添えて提出してください。

5.助成金額の決定

豊島区では申請書を受理した後、内容を審査して助成の対象となる金額を決定し、「アスベスト分析調査助成金交付決定通知書(第8号様式)」を発行します。

6.助成金交付請求書の提出

「アスベスト分析調査助成金交付決定通知書(第8号様式)」を受け取ったら、「アスベスト分析調査助成金交付請求書(第10号様式)」と「支払金口座振替依頼書」を提出してください。

7.助成金交付

豊島区では請求書を受理したら、指定された振込先に助成金を振り込みます(請求から指定口座への振込は1月ほどかかります)。

8.申請書他

申請書他

参考資料

要綱

豊島区アスベスト分析調査助成金交付要綱(PDF:76KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2016年4月1日