ここから本文です。

交通騒音・振動

区では、幹線道路を中心とした道路交通および鉄道の騒音・振動測定を実施しています。

1.道路交通騒音・振動

  1. 騒音
    自動車騒音に係わる要請限度調査と自動車騒音の常時監視調査を実施しています。
    自動車騒音の常時監視調査は道路境界から50メートルの範囲にある住戸の環境基準達成率を面的に算出するもので、騒音規制法の改正に基づき、平成15年度から区で実施しています。
  2. 振動
    道路交通振動の要請限度を調査していますが、振動の要請限度を超過した道路はありません。

道路交通騒音・振動を防止するためには、道路の低騒音舗装や自動車交通量の抑制などの対策を進めていくことが必要です。
区は、測定結果を基に、高速道路、国道、都道の道路管理者に道路交通騒音を改善するように要望行動を行なっています。

2.鉄道騒音・振動

鉄道騒音・振動の基準について、在来線は設定されていませんが、新幹線を対象に騒音の環境基準や振動の指針値が定められています。
また、新線の建設又は大規模改良工事実施の際の指針値が定められています。
区では新幹線の騒音基準および振動の指針値を参考に在来線について定点調査を実施しています。

区は測定結果を基に、鉄道事業者に対策を要望しています。

 

お問い合わせ

更新日:2017年4月25日