ホーム > まちづくり・環境・産業 > 住まい・生活環境 > 公害 > 大気の状況 > 沿道等における二酸化窒素調査

ここから本文です。

沿道等における二酸化窒素調査

区では、大気汚染測定室による調査を補完するため、道路沿いの二酸化窒素濃度を年4回測定しています。(*平成27年度は年3回測定)

調査は東京都環境科学研究所が開発した簡易測定器による方法で行っています。なお、同時期年4回の簡易測定器による大気汚染測定室での結果も合わせて示します。

【沿道等における二酸化窒素濃度平均値の変化】

番号

道路名

平成25年度

平成26年度

平成27年度 平成28年度 平成29年度

1

白山通り

0.027

0.029

 

 0.030

 

2

春日通り

 

 0.027

   0.036  
3 本郷通り    0.027    0.032  
4 環5の1    0.035  

0.039

 
5 南大塚通り    0.024    0.035  
6 日の出通り    0.031    0.039  
7 明治通り    0.032    0.046  
8 宮仲公園通り    0.023    0.032  

9

川越街道

 0.033

 

0.018   0.039

10

新目白通り

 0.025

 

 0.020    0.028

11

山手通り

0.028

  0.018    0.029

12

山手通り南

0.024

   0.015  

 0.027

13

目白通り(補76)

 

 

 0.019    0.025
14 目白通り(放7)  0.024    0.015    0.025

15

立教通り

 0.023

 

 0.016   0.021

16

要町通り

 0.025

 

 0.016   0.022

17

氷川下通り

 

 

 

 0.026

 

18

お岩通り

 

 

   0.031  

19

栄和通り

 

 

   0.036  

20

折戸通り

 

 

   0.029  

21

空蝉橋通り

 

 

   0.030  

22

劇場通り

0.026

 

    0.031

23

要町新バス通り

0.020

 

    0.022

24

高松小前通り

0.021

 

     0.020

25

城西通り

 

 

     0.025

26

鴨下通り

 

 

     0.027

27

南長崎通り

 

 

    0.021

28

補助78号線

 0.029

       0.031

29

補助172号線

0.020       0.024

参考

大気汚染池袋測定室

0.026

0.028

0.024 0.026 0.025

大気汚染巣鴨測定室

0.019

0.021

0.022

0.028

0.024

大気汚染長崎測定室

0.018

0.018

0.019

0.024

0.024

用語説明

ppm

parts per million の略。容量比や重量比を表す単位で,濃度や含有率を示すときに用いられ、100万分の1を1ppmといいます。
二酸化窒素濃度 1ppmとは空気1立方メートル中に二酸化窒素1立方センチメートルが含まれる場合を言います。

簡易測定器

簡易測定器の写真

測定地点の大気汚染状況を評価するために、東京都環境科学研究所が開発した簡易測定器です。

お問い合わせ

更新日:2018年6月8日