ここから本文です。

光化学スモッグ

都内のVOC対策について

夏季は光化学スモッグが起きやすいシーズンです。
さらに光化学スモッグの発生原因となる有機溶剤中のVOC(トルエンなどの揮発性有機化合物)が揮発しやすい季節でもあります。そのため、夏季は特にVOCの排出削減、排出抑制が必要となります。

事業者の皆さま、夏季のVOC排出削減に、ご理解、ご協力をお願いします。

東京都環境局のVOC対策セミナーやVOC対策アドバイザーなどの技術支援制度がありますので、ご利用ください。詳細は以下のページからご参照ください。

東京都環境局ホームページ(揮発性有機化合物(VOC)対策のページです)(新しいウィンドウで開きます)

事業者の化学物質対策に関しましては、以下のページをご覧ください。

豊島区の化学物質対策のページ

豊島区の光化学スモッグ情報

豊島区では、東京都から提供された光化学スモッグ情報を、区立施設や鉄道機関に連絡し、垂れ幕・掲示板で注意を呼びかけています。

23区西部地域の光化学スモッグ発令回数

年度

平成24年度

平成25年度

平成26年度 平成27年度 平成28年度

注意報

3回

8回

3回 11回 2回

警報

0回

0回

0回 0回 0回

※東京都では、都内を8地域に分けて、光化学スモッグ注意報等を発令しています。豊島区は23区西部地域に属しています。

光化学スモッグについて

光化学スモッグは4月から10月にかけて、日差しが強く、気温が高く、風の弱い日に発生します。特に7月、8月は、気温も高く、紫外線も強い安定した天気が続くため発生しやすくなります。このような時期は、光化学スモッグ注意報などにご注意ください。

光化学スモッグが発生したときは

  • 屋外での活動をなるべく控えてください。
  • 自動車等の使用を極力控えてください。
  • 光化学スモッグの被害を受けた場合は、保健所に連絡してください。

光化学スモッグによる健康への影響

目や喉に刺激があり、「目がチカチカする」、「喉が痛い」などの症状がでる場合があります。

光化学スモッグ発生メカニズムのイメージ図

光化学スモッグの発生メカニズムイメージ(「東京都環境局ホームページ」より)

東京都の光化学スモッグ注意報等の発令状況(東京都環境局のホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

光化学スモッグ情報などについて、東京都環境局より直接メール受信できます。

光化学スモッグ注意報等のメール送信登録方法(東京都環境局のホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ

更新日:2017年1月6日