ホーム > 健康・福祉 > 生活福祉 > 災害援護資金の貸付(東日本大震災)

ここから本文です。

災害援護資金の貸付(東日本大震災)

災害援護資金の貸付

平成23年東日本大震災により、世帯主のかたが負傷した世帯や住居・家財に被害を受けた世帯を対象に、生活を立て直すための資金の貸し付けを行います。

対象となるかた

次の1から3のいずれにも該当する世帯の世帯主のかた

  1. 被害を受けた当時、豊島区内に住所を有したかた。
  2. 次のいずれかの被害を受けた世帯。
    • (1)世帯主が災害により負傷し、療養期間が概ね1か月以上
    • (2)家財の3分の1以上の損害
    • (3)住居の半壊又は全壊・滅失
  3. 世帯全員の平成21年分の所得の合計額が下表の総所得金額未満。

世帯人員

区民税における総所得

1人

220万円

2人

430万円

3人

620万円

4人

730万円

5人以上

1名増すごと730万円に30万円を加えた額

ただし、その世帯の住居が滅失した場合は1,270万円

貸付限度額

 

家財・住居の損害なし

家財の3分の1以上の損害

住居の半壊

住居の全壊

住居の全体の滅失

世帯主が負傷し、療養期間が概ね1か月以上の場合

150万円

250万円

270万円
(350万円)

350万円

350万円

世帯主に概ね1か月以上の負傷がない場合

-

150万円

170万円
(250万円)

250万円
(350万円)

350万円

貸付利率、償還期間、連帯保証人、申込期間、申請に必要な書類等の詳細につきましては、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ

更新日:2015年2月26日