ホーム > 健康・福祉 > 介護 > 高齢者施設整備(事業者・土地オーナー向け) > 老人福祉施設等24時間AED設置補助事業

ここから本文です。

老人福祉施設等24時間AED設置補助事業

老人福祉施設等24時間AED設置補助事業の概要

事業の目的

豊島区は、区民の安全と安心の確保、救命率の向上を目的に老人福祉施設等に対して24時間誰でも使える状態でAEDを設置するための初期費用を補助します。

補助の対象

区内の老人福祉施設等が、自らの施設に、24時間だれでも使える状態でAED等を設置するための初期費用
※リースによる設置は対象外。

補助の主な要件

  1. 点検責任者を配置し、日常点検の実施、消耗品の交換など適正な管理を実施すること。
  2. 救急法講習を受講している者または受講する者がいること。
  3. AEDに設置し、温度管理等ができる屋外型AED収納ボックス等を使用すること(ただし、だれでもすぐ使える状態なら屋内設置可)。また、盗難保険(1回分)に加入し、盗難にあった場合は、盗難保険を使って新しいAEDを取得、再設置すること。
  4. 施設の主な出入り口にAED設置の表示をし、AED設置情報を区ホームページに公開すること。

申請方法

  1. 申請を希望する場合は、事前に電話で連絡・確認の上、手続きを進めてください。
  2. 補助事業の詳細は、要綱をご確認ください。

補助要綱

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2017年4月10日