ホーム > 手続き・届出 > > 臨時福祉給付金(経済対策分)のお知らせ

ここから本文です。

臨時福祉給付金(経済対策分)のお知らせ

現在申請が集中しており、振り込みまでに2か月以上要しています

臨時福祉給付金(経済対策分)とは

平成26年4月からの消費税率引き上げ(5%から8%)による影響を緩和し、社会全体の所得の底上げに寄与するため、経済対策の一環として支給するものです。今回の臨時福祉給付金(経済対策分)は、平成29年4月からの消費税率引上げ(8%から10%)が延期されたことに伴い、平成29年4月から平成31年9月までの2年半分を一括して支給します。

対象者

以下の2つの条件両方にあてはまる方

  1. 平成28年1月1日時点で豊島区に住民登録している方
  2. 平成28年度の特別区民税・都民税(均等割)が課税されていない方

(注釈)課税されている方の扶養親族(配偶者特別控除、青色・白色事業専従者を含む)になっている方や、生活保護を受けている方は支給の対象外となります。

そのほか、中国残留邦人等に対する支援給付の受給者など、生活保護の基準の例による給付を受け取っている方も対象とはなりません。

フローチャート(経済対策分)

給付額

対象者1人につき15,000円【1回限り】

申請について

申請書の発送

平成29年3月28日(火曜)

対象者と思われる方(平成28年度臨時福祉給付金の対象者等)に対して一斉に発送しました。

申請期限

平成29年7月31日(月曜)【消印有効】

申請方法

  1. 郵送(返信用封筒を使用。切手不要。)
  2. 下記受付・相談窓口に持参

記入済み申請書および添付書類をご提出ください。

添付書類

全員
  • 本人確認書類のコピー(健康保険被保険者証、運転免許証、顔写真付住民基本台帳カード、在留カードなど)

(注釈)有効期限内のものに限ります。表裏面をコピーしてください。

一部の方
  • 預金通帳等のコピー(金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる部分)

(注釈)初めて給付金を受給する方、もしくは、前回支給された口座以外を振込先に指定する方のみ必要です。通帳が無い方は金融機関名等がわかるキャッシュカードのコピーを添付してください。

  • 扶養者の平成28年度(平成27年中の収入)の非課税の証明書

(注釈)豊島区外に住民登録している親族(例:練馬区に住んでいる子ども)に扶養されている方のみ必要です。扶養者の平成28年1月1日時点で住民登録されている市区町村で入手できます。手数料は市区町村により異なりますので、詳細は該当の市区町村にお問い合わせください。

  • 代理人の本人確認書類および関係確認書類のコピー

(注釈)代理申請・受給を行う場合に必要です。関係確認書類は、同一世帯の場合は不要。

給付金の受取について

提出された申請書等を区が審査し、4月下旬より順次、指定の口座に入金します。

申請書の受理から入金まで、約1~2か月かかります。

受付・相談窓口の開設について

申請の受付・相談窓口を開設します。

申請書の書き方や添付書類などをご案内しますので、お気軽にご利用ください。

利用期間

  • 平成29年3月28日(火曜)から平成29年7月31日(月曜)まで
  • 平日午前8時30分から午後5時15分まで(土・日曜日、祝日は利用できません)

場所

豊島区立生活産業プラザ地下1階(豊島区東池袋1-20-15)

コールセンターについて

コールセンターを開設しています。ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話03-6890-9249

利用期間

  • 平成29年9月29日(金曜)まで
  • 平日午前8時30分から午後6時30分まで(土・日曜日、祝日は利用できません)

その他

3月21日(火曜)から24日(金曜)の期間に、広報としま臨時福祉給付金特集号を全戸配布しました。

現在、生活産業プラザ周辺の区施設において改築等の工事を実施しています。騒音等、皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご来庁の際はご注意ください。

 

   
   
   

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2017年5月19日