ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 新規介護予防サポーター養成講座

ここから本文です。

新規介護予防サポーター養成講座

「介護予防サポーター」とは、区が主催する介護予防プログラムや元気度測定会の補助、シニアの通いの場である介護予防サロンの運営を行っていただく方々です。

介護予防サポーター養成講座の2日目には希望する受講者を対象に「元気あとおし事業」の説明会と登録も行います。自身の介護予防に役立てるためにもぜひこの機会にサポーター活動を始めてみてはいかがでしょうか。

「元気あとおし事業」とは、介護予防活動サポーター活動や指定された施設などでボランティア活動をすると活動時間に見合ったスタンプがもらえ、たまったスタンプの数に応じて年間5,000円まで換金することができる事業です。

 

 

 

開催日時

5月21日月曜日10時から12時介護予防サポーター概論

5月21日月曜日13時00分から16時30分としまる体操とその他実技研修

5月24日木曜日10時00から15時00分元気度測定:おたっしゃ21検診実技研修他

費用は無料です。

開催場所

5月21日月曜日、豊島区役所807、808会議室

豊島区南池袋2ー45ー1

有楽町線東池袋駅下車徒歩2分

5月24日木曜日、高田介護予防センター

豊島区高田3―38―7

都電、都バス学習院下下車徒歩7分

対象

区内在住の40代から70代までの健康な方。講座終了後は「介護予防運動プログラム」「介護予防サロン」などの活動ができるほか、「元気あとおし事業」への登録もできます。

2日間受講いただける方が対象です。

講師

早稲田大学スポーツ科学学術院非常勤講師

荒木邦子氏他

申込、問い合わせ

電話で介護予防・認知症対策グループまで

☎4566ー2434へ。

 

 


更新日:2018年4月26日