ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 新規介護予防サポーター養成講座

ここから本文です。

新規介護予防サポーター養成講座

「介護予防サポーター」とは、区が主催する介護予防プログラムや元気度測定会の補助、シニアの通いの場である介護予防サロンの運営を行っていただく方々です。自身の介護予防に役立てるためにもぜひこの機会にサポーター活動を始めてみてはいかがでしょうか。

介護予防サポーターにご登録をいただいた方は年齢に関係なく「高齢者元気あとおし事業」に参加をすることができます。

「高齢者元気あとおし事業」の詳細は高齢者元気あとおし事業についてをご覧ください。

開催日時

11月5日月曜日14時から17時介護予防サポーター概論とその他実技研修

11月8日木曜日10時から15時としまる体操とおたっしゃ21健診実習

 

開催場所

帝京平成大学池袋キャンパス内集会室

豊島区東池袋2-51-4

JR池袋駅東口下車徒歩12分

都電向原駅下車徒歩10分

 

対象

区内在住の40代から70代までの健康な方。講座終了後は「介護予防運動プログラム」「介護予防サロン」などの活動ができるほか「元気あとおし事業」への登録もできます。

2日間受講いただける方が対象です。

参加費

無料

講師

早稲田大学スポーツ科学学術院非常勤講師

荒木邦子氏

申込、問い合わせ

電話で介護予防・認知症対策グループまで

☎4566ー2434へ。

高齢者元気あとおし事業について

介護予防サポーター活動や指定された介護保険施設等でボランティア活動をすると活動時間に見合ったスタンプがもらえ最大年間5000円まで換金することができる事業です。介護予防サポーター養成講座2日目に行われる登録説明会に参加を希望数方は豊島区ボランティアセンター(電話番号03-3984-9375)までお申込みください。

 

 


更新日:2018年9月4日