ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 介護予防サポーター養成講座【令和元年度新規受講生募集】

ここから本文です。

介護予防サポーター養成講座【令和元年度新規受講生募集】

介護予防サポーターは、区の運動プログラムなど区の介護予防事業のサポートを行ったり、通いの場である「介護予防サロン」の企画運営に携わるボランティア活動です。介護予防サポーターになると、年齢に関係なく「高齢者あとおし事業」に参加することができます。介護予防サポーターになり、さらに半日の研修を受けて登録をすると、高田介護予防センターや、フレイル対策センターのスタッフとして活動することもできます。豊島区ではすでに100人以上のサポーターが登録をしています。ご自身の健康づくりのためにもこの機会に介護予防サポーターになって活動をしませんか。

「高齢者元気あとおし事業」とは

介護予防サポーター活動や指定された介護保険施設等でボランティア活動をすると、活動時間に見合ったスタンプがもらえ最大年間5000円まで換金することができる事業です。年に数回説明と登録の会をおこなっています。豊島区ボランティアセンター(電話番号03-3984-9375)までお申込みください。

開催日時【2日制】および内容

1日目、10月21日月曜日午後1時30分から4時30分「介護予防概論」

2日目、10月24日木曜日午前10時から午後3時「としまる体操」「体力測定の方法(実技)」

開催場所

1.豊島区役所509、510会議室

2.豊島区立フレイル対策センター(豊島区東池袋2-36-10)

対象

区内在住の40代から70代までの健康な方。講座終了後は「介護予防運動プログラム」「介護予防サロン」などの活動ができるほか「元気あとおし事業」への登録もできます。2日間受講いただける方が対象です。

参加費

無料

講師

早稲田大学スポーツ科学学術院非常勤講師

荒木邦子氏

申込、問い合わせ

電話で介護予防・認知症対策グループまで

☎4566ー2434へ。

更新日:2019年8月5日