ホーム > 健康・福祉 > 介護 > 介護保険 > 介護保険サービスの利用について > 介護保険で受けられるサービス > 【地域密着型サービス】要介護1~5のかたが利用できる「介護サービス」

ここから本文です。

【地域密着型サービス】要介護1~5のかたが利用できる「介護サービス」

  1. 定期巡回・随時対応型訪問介護看護
  2. 夜間対応型訪問介護
  3. 地域密着型通所介護
  4. 認知症対応型通所介護
  5. 小規模多機能型居宅介護
  6. 看護小規模多機能型居宅介護
  7. 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
  8. 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
  9. 地域密着型特定施設入居者生活介護

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

重度者を始めとした要介護高齢者の在宅生活を支えるため、日中・夜間を通じて、訪問介護と訪問看護を一体的にまたはそれぞれが密接に連携しながら、定期巡回訪問と随時の対応を行います。

夜間対応型訪問介護

安心して在宅生活が送れるよう、夜間の定期的な巡回や、通報による随時対応の訪問介護、緊急時対応のサービスを受けることができます。

地域密着型通所介護

定員18名以下の小規模なデイサービスなどに通い、入浴、排せつ、食事等の介護その他日常生活上の世話および機能訓練を受けることができます。

認知症対応型通所介護

認知症の高齢者が認知症対応のデイサービスなどに通い、入浴、排せつ、食事等の介護その他日常生活上の世話および機能訓練を受けることができます。

小規模多機能型居宅介護

「通い(通所)」を中心として、利用者の心身の状況、環境、希望に応じて、「訪問」や「泊まり」などのサービスを組み合わせ、居宅やその施設において、入浴、排せつ、食事等の介護その他日常生活上の世話および機能訓練を受けることができます。

看護小規模多機能型居宅介護

小規模多機能型居宅介護と訪問看護の複数のサービスを組み合わせた複合型事業所を創設し、看護と介護サービスの一体的な提供により医療ニーズの高い要介護者への支援を行います。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症の状態にある高齢者が、5~9人の少人数で、共同生活を送りながら、家庭的な環境と地域住民との交流の下、入浴、排せつ、食事等の介護その他日常生活上の世話および機能訓練を受けることができます。

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

小規模(定員29人以下)の特別養護老人ホームで、入浴、排せつ、食事等の介護その他日常生活上の世話、機能訓練、健康管理および療養上の世話を受けることができます。

地域密着型特定施設入居者生活介護

小規模(定員29人以下)の有料老人ホームなどで、入浴、排せつ、食事等の介護その他日常生活上の世話、機能訓練および療養上の世話を受けることができます。

 

お問い合わせ

更新日:2016年12月28日