ホーム > 健康・福祉 > 介護 > 介護保険 > 介護サービス利用料について > 【利用者負担の軽減】介護保険負担限度額認定証

ここから本文です。

【利用者負担の軽減】介護保険負担限度額認定証

介護保険負担限度額認定証

介護保険施設に入所されるかたの居住費および食費については施設との契約により定められますが、住民税非課税者等については、下表のとおり負担限度額を設け、限度額を超える部分を介護保険から「特定入所者介護(予防)サービス費」として給付することにより、負担の軽減を図ります。
認定の要件および下表に該当されるかたは区に申請し、「介護保険負担限度額認定証」の交付を受け、ご利用される施設へ提示してください。

【認定の要件】全ての要件を満たすかた

  • 世帯全員が住民税非課税であること
  • 住民票上、別世帯の配偶者でも住民税非課税であること
  • 預貯金、有価証券、投資信託、金・銀および現金などの資産が単身で1,000万円以下、夫婦で2,000万円以下であること

【ご注意】
・必要に応じて、金融機関などに預金照会を行う場合があります。
・虚偽の申告をした場合は、給付額の返還に加え、給付額の2倍の加算金が課される場合があります。

対象者の要件
(住民税非課税世帯)
負担限度額(日額)
老齢福祉年金受給者
または生活保護受給者
ユニット型個室 居住費820円 食費300円
ユニット型準個室 居住費490円 食費300円
従来型個室(特養) 居住費320円 食費300円
多床室(相部屋) 居住費0円 食費300円
合計所得金額と課税年金収入額と非課税年金収入額
の合計が80万円以下のかた等
ユニット型個室 居住費820円 食費390円
ユニット型準個室 居住費490円 食費390円
従来型個室(特養) 居住費420円 食費390円
多床室(特養) 居住費370円 食費390円
合計所得金額と課税年金収入額と非課税年金収入額
の合計が80万円を超えるかた等
ユニット型個室 居住費1,310円 食費650円
ユニット型準個室 居住費1,310円 食費650円
従来型個室(特養) 居住費820円 食費650円
多床室(相部屋) 居住費370円

食費650円

住民税課税世帯のかたへ

住民税課税世帯のかたは原則、負担限度額証は対象にはなりません。ただし、同一世帯のかたが施設などに入所し、在宅のかたの生活が困難になる場合に、特例の負担軽減制度があります。要件など、詳しくはお問い合わせください。

申請について

申請書に必要事項をご記入いただき、添付書類とご一緒に介護保険課へご提出下さい。

申請書ダウンロードへ

更新日:2017年4月10日