ホーム > 健康・福祉 > 介護 > 介護保険 > 介護サービス利用料について > 【利用者負担の軽減】高額介護サービス費

ここから本文です。

【利用者負担の軽減】高額介護サービス費

高額介護(予防)サービス費の支給

サービス利用時の利用者負担額には上限が設けられています。上限を超えた額については、申請により払い戻されます。該当するかたには区からお知らせします。

対象者の区分

利用者負担上限額

本人または世帯員が

住民税課税者

現役並み所得者 44,400円/月
一般 注)44,400円/月
世帯全員が
住民税非課税
下記以外のかたなど 24,600円/月
被保険者本人の合計所得金額と課税年金収入額の合計額が80万円以下のかたなど 15,000円/月
被保険者本人が老齢福祉年金を受けているかたなど

注)平成29年8月より、本人または世帯員が住民税を課税されているかたの月額上限が37,200円から44,400円に引き上げられました。
ただし、同じ世帯のすべての65歳以上のかた(サービスを利用していないかたを含む。)の利用者負担割合が1割の世帯は、平成32年7月まで、年間の上限額を446,400円(37,200円×12ヶ月)とする緩和措置があります。

申請について

該当するかたには、介護保険課より申請書をお送りします。
必要事項をご記入いただき、介護保険課へご提出下さい。

更新日:2018年8月2日