ホーム > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 日常生活の援助 > 中等度難聴児発達支援事業

ここから本文です。

中等度難聴児発達支援事業

中等度難聴児発達支援事業(補聴器購入費の助成)

身体障害者手帳の交付対象とならない中等度難聴児に対して、補聴器の装用により言語の習得や生活能力、コミュニケーション能力等の向上を促進するため、補聴器の購入費用の一部を助成します。事前に、以下の申請窓口にご相談ください。

対象児童

次のいずれにも該当する児童

  • 豊島区内に居住している18歳未満の児童
  • 両耳の聴力レベルが概ね30dB以上であり、身体障害者手帳(聴覚障害)交付の対象となる聴力ではないこと
  • 補聴器の装用により、言語の習得等一定の効果が期待できると医師が判断する児童

対象とならない場合

  • 世帯の所得が一定以上の場合
  • 申請前に補聴器を購入した場合

基準額

13万7千円(修理費に係る費用は対象外)

助成額

基準額と補聴器の購入費用を比較して少ない方の額(生活保護受給世帯、区民税非課税世帯は満額)

申請窓口

  • 障害福祉課身体障害者支援第一・第二グループ
    電話番号03-3981-2141、03-4566-2442、ファクス03-3981-4303
  • 東部障害支援センター
    電話番号03-3946-2511、ファクス03-3943-9763 
  • 西部障害支援センター
    電話番号03-3974-5531、ファクス03-3959-826


 

お問い合わせ

更新日:2020年7月17日