ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康づくり > 【コラム】わが家の健康 > 「肩こり」に悩んでいませんか?

ここから本文です。

「肩こり」に悩んでいませんか?

 肩こりとは、耳の後ろの首の付け根から肩と背中にかけての、主に僧帽筋(そうぼうきん)という筋肉の緊張や張りが関係しており、首や肩の運動時に痛みを伴うことがあります。ひどくなると安静時にも痛みが出現し、頭痛や吐き気、腕から手指にかけてのしびれが出ることもあります。

 原因として考えられるのは、パソコンやスマートフォンなどの長時間の使用による首の同じ姿勢の継続や筋肉疲労、運動不足や冷えなどで、近年増加傾向時にあります。

 肩こりは予防がとても大切です。同じ姿勢を長く続けない、冷やさない、毎日適度な運動を続ける等です。入浴や蒸しタオル、温熱シートで温めたり、肩をすくめたり両腕を垂直に上げる等を繰り返す体操が、有効です。

 肩こりが長く続く時や悪化する時は、骨や椎間板、脊髄の影響や、心臓などの内臓疾患の影響も考えられますので、医療機関を受診し、適切な治療を受けてください。

清水クリニック院長 清水 充

 

お問い合わせ

更新日:2019年2月11日