ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康診査・がん検診 > 福祉健診(福祉健康診査)

ここから本文です。

福祉健診(福祉健康診査)

疾病の早期発見・早期治療の目的に加え、生活習慣病予防のため、メタボリックシンドロームに着目した福祉健診を対象者に年に1度、実施しています。

対象者

下記のいずれかに該当する40歳以上のかた

  • 豊島区から生活保護の受給を受けているかた
  • 豊島区から中国在留邦人等支援給付を受けているかた
  • 東日本大震災により被災し、豊島区に避難しているかた

なお、継続して6ヶ月以上入院しているかた、区内の介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)・介護老人保健施設(老人保健施設)に入所されているかたは対象から除外されます。

平成29年6月14日以降に、上記対象に該当されたかたは、保健事業グループまでお問い合わせください。

期間

平成29年8月1日から11月30日
(対象者で期間内に受診できなかった場合、平成29年12月1日から平成30年1月31日まで受診できます。)

内容(検査項目)

1.一般検査

問診、身体測定、腹囲測定、血圧測定、診察

尿検査

尿糖、尿蛋白、尿潜血

血液生化学検査

アルブミン、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP)、総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪、尿素窒素、血清クレアチニン、血清尿酸、血糖

血液学的検査

赤血球、白血球、ヘモグロビン、MCV、MCH、MCHC、ヘマトクリット、血小板数、HbA1c

2.追加検査(下記は、平成30年3月31日現在の年齢です。)

心電図

40歳、45歳、50歳、55歳、60歳と62歳以上の偶数年齢で実施

眼底検査

40歳、45歳、50歳、55歳、60歳と62歳から74歳の偶数年齢で実施

胸部X線検査

40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、62歳と65歳以上で実施

標準純音聴力検査

65歳

前立腺がん検診

50歳から74歳の男性で偶数年齢(希望制)

胃がんリスク検診

40歳、50歳(希望制)

偶数年齢とは、年度末(平成30年3月31日)現在、年齢が偶数になるかた

高齢者の結核が多くなっています。結核の早期発見のため、65歳以上のかたは胸部X線検査(結核健診を兼ねています)を必ず受けてください。

結果の説明

受診者には、実施からおおむね1ヶ月から2ヶ月程度で、健診結果が郵送されます。

後日、健診結果を健診受診医療機関にお持ちいただくと、結果の詳細について、1回のみ説明を受けることができます。(無料)

費用

無料※健康診査の検査項目以外の検査を行なった場合は有料となります。

場所

豊島区医師会に加入している区内指定医療機関。

健診実施医療機関については、受診券に同封される「実施医療機関名簿」をご覧ください。

お問い合わせ

更新日:2017年7月26日