ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康診査・がん検診 > 特定健診・特定保健指導 > 被用者保険加入者の特定健診・特定保健指導

ここから本文です。

被用者保険加入者の特定健診・特定保健指導

被用者保険などに加入しているかたの特定健診・特定保健指導についてご案内します。

特定健診・特定保健指導は各医療保険者が実施します

国民健康保険以外の被用者医療保険(組合健保、政府管掌健康保険、共済組合、組合国保など)に加入しているかたは、各医療保険者が実施する特定健診や特定保健指導を受けることができます。特定健診結果や特定保健指導の内容・成果は、医療保険者が保管し加入者の健康管理に役立てます。

また、加入者本人だけでなく、その被扶養者も、各医療保険者が実施する特定健診・特定保健指導の対象となります。詳しい内容や受診場所などは、加入している医療保険者に直接お問い合わせください。

特定健診の集合契約

被用者保険の被扶養者のかたが身近な区内の医療機関で健診を受けるために、豊島区医師会と各被用者保険の代表保険者が、実施方法や内容について検討し、契約を締結しました。(この契約方法を特定健診の集合契約といいます。)

そのため、被用者保険の被扶養者は、区内の身近な医療機関で特定健診を受けられる場合があります。

集合契約に参加している医療保険者の場合には、詳しい内容が決定した後に、対象者にお知らせが届く予定です。集合契約に参加しているかどうか、および集合契約の詳しい内容につきましては、各医療保険者に直接お問い合わせください。

がん検診など各種検診

各種がん(胃がん、大腸がん、子宮頸がん、乳がん、肺がん、前立腺がん、胃がんリスク)検診、豊島区B型・C型肝炎ウイルス検査、骨粗しょう症検診、歯周病検診、眼科検診は、区が実施します。

お問い合わせ

更新日:2019年4月12日