ここから本文です。

がん先進医療費利子補給事業

豊島区ではがん患者とそのご家族を支援するため、がん先進医療費利子補給事業を行なっております。

この事業はがんの先進医療を受けるかたが医療費の融資を受ける際、その利子相当額を最大8年間助成する事業です。これにより、実質無利子で高額な医療費を借りることができます。

チラシ(PDF:889KB)

事業概要、申請の流れ等

事業概要

対象となるがん患者のかた

  • 国内でがんの先進医療を受ける予定のあるかた
  • 区内に住所を有していて1年以上居住しているかた
  • 住民税の滞納のないかた
  • 世帯員の課税所得の合計が700万円以下の世帯に属するかた

利子補給の申請が可能なかた

  • 対象となるがん患者の方またはその親族(3親等以内)及び同一世帯に属するかた
  • 世帯員の課税所得の合計が700万円以下の世帯に属するかた

対象となる医療

厚生労働省が定める先進医療のうち、がんの治療を目的とした医療。

※先進医療の最新情報及び実施機関については厚生労働省のホームページ(ページ下記にリンク先記載)でご確認ください。

対象融資額

300万円以内

利子補給利率

利子相当額(1.75%、保証料を含む)

対象期間

8年以内

区が指定する金融機関

  • 巣鴨信用金庫「豊島区がん先進医療ローン」
  • 東京信用金庫「がん先進医療ローン」

※本事業は上記金融機関で融資を受けた場合に限り利用可能です。また、融資には区での事前の承認手続きが必要です。

利子補給の流れ

1.承認申請

(1)申請者は下記必要書類を揃え、区に提出します。承認決定を受け「承認決定通知書」を受け取ります。

【承認申請に必要な書類】

1. 承認申請書(様式第1号の1)

2. 治療実施計画書(様式第1号の2)

※同意書の記入により世帯全員分住民票の写し及び課税(納税)証明書の提出は省略することができます(豊島区内在住のかたに限る)。

申請者が患者と別世帯の親族である場合

上記1.2に加えて

3. 患者との関係を証明する書類(戸籍等)

4. 世帯全員分の住民票の写し(豊島区外在住の場合)

5. 世帯全員分の課税証明書(豊島区外在住の場合)

(2)承認決定後、上記「承認決定通知書」と必要書類を揃え、上記指定金融機関で融資の申込みをします。必要書類については各指定金融機関にお問い合わせください。

2.交付申請

(1)毎年、申請者は金融機関に「利子支払証明書(様式第3号の3)」の作成を依頼します。

(2)上記「利子支払証明書」と必要書類を区に提出し、交付を受けます。

【交付時必要書類】

  1. 交付申請兼実績報告書(様式第3号の1)
  2. 治療実施証明書(様式第3号の2)
  3. 利子支払証明書(様式第3号の3)
  4. 返済明細書等の写し(金融機関が発行)
  5. 承認決定通知書の写し

交付要綱、申請書類

協定書調印式

調印式の様子

本事業の開始にあたり平成25年5月8日(水曜)に豊島区役所にて、豊島区と巣鴨信用金庫、東京信用金庫との協定を締結しました。

関連情報

厚生労働省ホームページ(先進医療の概要について)(新しいウィンドウで開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日