ここから本文です。

豊島区健康プラン(平成27年3月改定)

平成27年3月に改定された豊島区健康プランでは、新たな健康課題や社会情勢の変化等に対応した取り組みを進めるため、新たな項目を設けるとともに、各施策の強化について表記しました。

 

改定の特徴

「女性の健康」施策の強化

人口減少問題題への対応の一環として、「としま鬼子母神プロジェクト」をはじめとする女性の健康施策を推進する方向性を踏まえ、これを重点施策のひとつに位置づけました。

としま鬼子母神プロジェクトとは

生活習慣病の発症予防と重症化予防対策の強化

健康日本21(第二次)の方針に合わせ、糖尿病・循環器疾患・メタボリックシンドロームの予防について、重点的に取り組む施策に位置づけました。

「高齢者の健康」項目を新設

東京都健康推進プラン21(第二次)との整合を取るため、新たに高齢者の健康施策に関する項目を設けました。ロコモティブシンドローム」についての記載も加えています。

「地域の健康づくり」への視点を追加

従来の「自主的な健康づくりの支援」の項目について、さらに広い視点からの取り組みとするため、「地域のつながりの醸成」と表記を改め、「ソーシャル・キャピタル」についても記載を追加しました。

地域包括ケアシステムの構築を見据えた施策の明確化

新たに「在宅医療・地域医療連携の推進」の項目を設け、地域包括ケアシステムの構築に向けた在宅医療と介護の連携推進に関する記載を追加しました。

計画期間

平成27年度から31年度までの5年間です。中間年度である平成29年度に見直しを行います。

健康プラン本文

健康プラン(概要版)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2015年4月21日