ここから本文です。

人と動物の共生会議について

豊島区「人と動物の共生会議」―人も動物も暮らしやすいまちを目指して―

目的

人にとっても、動物にとっても暮らしやすい豊島区を目指し、動物に関わる問題の解決と、人と動物の共生に向けた対策を検討します。

背景

平成17年度、池袋保健所には、犬に関する苦情263件、猫に関するもの455件が寄せられました。これは平成13年度との比較で犬は2.3倍、猫は7.3倍にもなっています。最近では、特に猫に関する苦情が多くなっています。

動物に関する問題は、行政だけでは解決が難しく、地域全体で問題を解決しようという機運を高め、人と動物が共存できる社会のしくみづくりを進めることが必要です。

構成

町会、公募区民、獣医師、ボランティア(NPO法人)、東京都動物愛護推進員、および区職員の10名。

日程(平成19年3月で終了しました)

平成18年7月から平成19年3月まで、毎月1回(延べ9回)開催をしました。

会議録

会議

平成18年7月(第1回)からの会議次第・会議録・添付資料などは下記をご参照ください。

「人と動物の共生会議」会議次第・会議録・添付資料

提言

共生会議では、平成19年3月28日区長に提言を手渡しました。

提言は下記をご参照ください。

提言書(PDF:189KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日