ホーム > 暮らし・地域 > 暮らしの衛生・ペット > くらしの中のねずみと虫 > くらしの中の虫 > 殺虫剤をむやみに撒くのは控えましょう(用法・用量・散布対象を守りましょう)

ここから本文です。

殺虫剤をむやみに撒くのは控えましょう(用法・用量・散布対象を守りましょう)

殺虫剤は一時的効果しかありません。虫が発生する原因を取り除く、改善することを優先してください。殺虫剤(消毒剤)を多量に撒くと人の健康や環境への影響がでます。化学物質過敏症の方もおりますので、むやみに撒くのは控えましょう。殺虫剤を使用する場合は、用法・用量・散布対象を守りましょう。また、薄めて使用する殺虫剤は残さないよう、前もって使いきれる量を希釈してください。

※対象に応じた殺虫剤を使用しましょう

蚊やハエなどの衛生害虫と、毛虫や樹木・草花の害虫の駆除は殺虫剤が違います。

  • 蚊・ハエ・ゴキブリ等:医薬品または医薬部外品の殺虫剤を使います。
  • 毛虫・アブラムシ等:園芸用の殺虫剤を使います。樹木・草花の害虫の相談は、園芸店か
    最寄りの「みどりの相談所」等にお問合わせください。

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日