ホーム > 暮らし・地域 > 暮らしの衛生・ペット > 食品衛生 > ノロウイルス食中毒に注意しましょう

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

ノロウイルス食中毒に注意しましょう

防ごう!ノロウイルス食中毒

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は一年を通して発生していますが、特に冬季に流行します。

ノロウイルスは手指や食品などを介して人に感染し、おう吐、下痢、腹痛などを起こします。子供やお年寄りの場合、重症化することがあります。基本を守って食中毒予防を徹底しましょう。

ノロウイルスに感染したときの症状は?

  • ノロウイルスに感染すると、24~48時間後に、吐き気、おう吐、下痢、発熱などを起こします。通常3日以内で回復します。
  • 回復後も、ふん便からのウイルスの排出は1週間程度、長いと1か月程度続くため、注意が必要です。また、感染しても発症せずに、ウイルスを排出していることがあります。

ノロウイルスの感染経路は?

  • 二枚貝を生で食べたり、十分に加熱せずに食べることなどで感染します。
  • ノロウイルスに感染している人が、手洗いを十分にしないで食品を取り扱うことによって食品を汚染し、その食品を食べることで感染します。
  • 感染者の便やおう吐物を触った手指についたウイルスが口に入り感染します。

ノロウイルス食中毒を予防するには?

  • 食品は十分に中心部まで加熱しましょう(85℃~90℃で90秒以上)。
  • トイレの後や食事の前、調理の前には十分に手を洗いましょう。
  • 下痢など体調を崩しているとき、調理は控えるようにしましょう。
  • まな板などの調理器具は十分に洗浄し、熱湯や次亜塩素酸ナトリウムで消毒をしましょう。
  • 感染者のおう吐物などを処理する際には使い捨ての手袋を使うなど、直接触れないようにしましょう。

 さらに詳しくは

 厚生労働省のページへ(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ

更新日:2016年12月22日