ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > ロタウイルス予防接種(任意)

ここから本文です。

ロタウイルス予防接種(任意)

乳幼児が感染すると重症化や集団発生のリスクが高いロタウイルス感染症を予防するため、平成30年4月1日以降に生まれたお子様へロタウイルスワクチンの接種費用の一部助成をします。なお、使用するワクチンの種類により、1回あたりの助成額と助成回数が異なります。また、各医療機関が定める接種料金との差額は自己負担となります。

下記事項をお読みいただき、接種を希望される場合は同封した予診票を豊島区内の実施医療機関に提出して接種してください。

助成対象者

平成30年4月1日以降に生まれ生後6週~24週0日のかた(ロタテック接種の場合は32週0日まで)

接種回数

 

ワクチンの種類 接種期間 接種回数・接種間隔
(1価)ロタリックス 生後6週から24週0日 4週以上の間隔を置いて2回接種

(5価)ロタテック

生後6週から32週0日

4週以上の間隔を置いて3回接種

必ず同じワクチンで接種を完了させてください。期間を過ぎての接種はできません。

助成金額・回数

ワクチンの種類

助成金額(1回)

助成上限回数

(1価)ロタリックス

6,000円

1人2回まで

(5価)ロタテック

4,000円

1人3回まで

 

接種方法

予診票と母子手帳をお持ちのうえ、豊島区予防接種実施医療機関名簿にある医療機関で受けてください。

豊島区予防接種実施医療機関名簿(PDF:179KB)

事前に電話で接種可能な曜日・時間等を確認してください。

※豊島区の実施医療機関以外で接種した場合は、助成の対象とはなりません。

予診票は、生後2か月になる前月に発送します。

お手元に予診票がない方は、池袋保健所または長崎健康相談所、または池袋保健所出張窓口(区役所4階)でお渡しします。母子健康手帳をお持ちのうえお越しください。

健康被害に対する救済制度について

この接種は任意接種のため、被接種者に健康被害が生じたときは、定期予防接種の救済制度とは異なり、「特別区自治体総合賠償責任保険」及び「独立行政法人医薬品医療機器総合機構法」に基づく救済制度を活用します。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2019年4月8日