ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 医療助成・在宅支援 > 身体に障害のあるお子さんに 自立支援医療(育成医療)

ここから本文です。

身体に障害のあるお子さんに 自立支援医療(育成医療)

身体に障害のある18歳未満のお子さんで、手術などにより確実な治療効果が期待できるかたに、医療の給付をします。

対象者

次のすべての要件に該当するかたが対象となります。

  1. 保護者が豊島区に住所を有し、対象児童が18歳未満であること
  2. 身体に障害があるかた、またはこれを放置すると将来において障害を残すと認められるかた
  3. 手術等により確実な治療の効果期待できること
  4. 指定された育成医療機関で治療していること
  5. 世帯の特別区民税の所得割額が23万5千円未満であること
    ただし、「重度かつ継続」に該当する場合は、世帯の特別区民税所得割額が23万5千円以上でも公費負担の対象になります。
    なお、この場合の世帯とは、「対象児童と同じ健康保険に加入しているかた」が単位となります。

対象となる障害・疾病

対象となる障害や疾病は次のとおりです。

  1. 肢体不自由
  2. 視覚障害
  3. 聴覚・平衡機能障害
  4. 音声・言語・そしゃく機能障害
  5. 心臓機能障害
  6. 腎臓機能障害
  7. 小腸機能障害
  8. 肝臓機能障害
  9. その他の先天性内臓疾患
  10. ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害

助成の範囲

認定された疾病の治療について、健康保険の適用となる医療費の一部を助成します。

ただし、入院時の食事療養費、健康保険が適用とならない治療や投薬、診断書料、差額ベッド代等は助成対象外となります。

原則として、医療費の一割が自己負担となります。世帯の住民税額等により月額自己負担月額額が設定されています。

手続きの方法

申請に必要な書類

下記1.2.3の書類は、池袋保健所健康推進課または長崎健康相談所に置いてあります。

  1. 自立支援医療費(育成医療)支給認定申請書(所定の様式)
  2. 自立支援医療(育成医療)意見書(所定の書式)
  3. 自立支援医療(育成医療)世帯調書(所定の書式)
  4. 住民税課税証明書等
  5. 健康保険証の写し
  6. その他 申請の要件により必要な書類があります。

詳しくは下記までお問い合わせください。

申請・お問い合わせ先

  • 池袋保健所健康推進課 電話番号03-3987-4173
  • 長崎健康相談所 電話番号03-3957-1191

お問い合わせ

更新日:2015年2月16日