ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 予防接種全般 > 令和2年度高齢者肺炎球菌ワクチン接種

ここから本文です。

令和2年度高齢者肺炎球菌ワクチン接種

平成26年10月1日から高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種が定期予防接種になりました。

令和2年度対象者には、令和2年3月末に予診票を送付しております。

対象者

令和2年度の対象者は、以下の1か2に当てはまる豊島区に住民登録がある方です。

1.今までに高齢者肺炎球菌ワクチンを接種したことがない方で、以下の表の生年月日に当てはまる方

年齢

生年月日

65歳

昭和30年4月2日~昭和31年4月1日生まれ

70歳

昭和25年4月2日~昭和26年4月1日生まれ

75歳

昭和20年4月2日~昭和21年4月1日生まれ

80歳

昭和15年4月2日~昭和16年4月1日生まれ

85歳

昭和10年4月2日~昭和11年4月1日生まれ

90歳

昭和5年4月2日~昭和6年4月1日生まれ

95歳

大正14年4月2日~大正15年4月1日生まれ

100歳

大正9年4月2日~大正10年4月1日生まれ

 

2.今までに高齢者肺炎球菌ワクチンを接種したことがない方で、60歳以上65歳未満で、心臓・腎臓・呼吸器機能・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能のいずれかに障害があるため、日常生活が極端に制限される方(身体障害者手帳1級程度)

 

接種期間

令和2年4月1日から令和3年3月31日まで
上記期間以外の接種費用の助成はできません。

接種費用(自己負担)

一人1回4,000円

ただし、生活保護受給者、中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律による支援金受給者は無料です。

実施医療機関

豊島区実施医療機関(高齢者肺炎球菌予防接種実施医療機関名簿(PDF:497KB)に記載されている医療機関)、または23区内の実施医療機関で接種してください。
予約が必要な場合がありますので、あらかじめ医療機関にお問い合わせのうえ予防接種を受けてください。

豊島区以外の22区で接種を希望される場合、事前に接種の可否を医療機関にお問い合わせください。

23区外で接種する場合

23区外で定期予防接種として高齢者肺炎球菌ワクチンを接種する場合、「予防接種実施依頼書」の発行が必要となります。

詳しくは23区外で定期予防接種を希望されるかたへをご参照ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2020年3月27日