ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 子どもの予防接種 > ポリオワクチンの予防接種

ここから本文です。

ポリオワクチンの予防接種

不活化ポリオワクチンの導入について

平成24年10月23日より追加接種(4回目)が定期予防接種になりました

追加接種(4回目)については、平成24年9月1日の不活化ポリオワクチン導入後も国内臨床試験実施中であったため定期予防接種の対象外でしたが、臨床試験の結果、有効性と安全性が確認されたため、平成24年10月23日より定期予防接種として導入されました。

3回目まで接種済みで4回目の接種が可能なかたで、お手元に予診票をお持ちのかたは、予診票の回数を選ぶ欄に「エ.追加接種4回目」と記入して、〇を付けて使用してください。

お手元に予診票をお持ちでないかたは、池袋保健所健康推進課または長崎健康相談所にお問い合せください。

対象年齢

生後3か月から7歳6か月未満のかた(生ポリオワクチン2回接種済みのかたを除く)

接種回数

  • これまで生ポリオワクチンも不活化ポリオワクチンも接種したことのないかた
    初回接種3回、追加接種1回、合計4回の接種が必要です。
  • 生ポリオワクチンを1回接種しているかた
    初回接種が1回終わっていると考え、初回接種2回、追加接種1回、合計3回の接種が必要です。
  • 既に任意で不活化ポリオワクチンを1から3回接種しているかた
    合計4回になるように、不足分の接種が必要です。
  • 生ポリオワクチンを2回接種しているかた
    接種不要です。

標準的な接種スケジュール

区分

接種間隔

標準的な接種期間

初回接種

20日以上の間隔で3回接種(注釈)

生後3か月から12か月

追加接種

初回接種終了後6か月以上の間隔をおいて1回接種

初回接種終了後12か月から18か月に達するまで

(注釈)20日から56日までの間隔が望ましいです。

接種方法

不活化ポリオワクチンの接種が必要なかたで、予診票をお持ちでないかたは、池袋保健所4階または長崎健康相談所、または池袋保健所出張窓口(区役所4階)の窓口に母子健康手帳をお持ちのうえ取りに来てください。

母子健康手帳で接種歴を確認のうえ、不活化ポリオ実施医療機関に電話予約し、接種を受けてください。接種には、必ず母子健康手帳と予診票を持参してください。

関連情報

厚生労働省ホームページ・ポリオワクチン(新しいウィンドウで開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2016年8月15日