ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > B型肝炎ワクチン予防接種

ここから本文です。

B型肝炎ワクチン予防接種

平成28年10月1日より、B型肝炎ワクチンが定期予防接種になりました。

対象

平成28年4月1日以降に生まれた0歳児(1歳の誕生日前日まで)

  • B型肝炎ウイルス(HBs抗原)陽性の母親から生まれたお子様は、母子感染予防に係る保険診療のため、定期予防接種の対象外となります。

接種回数と間隔

3回(27日以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から139日以上あけて3回目を接種)

接種方法

予診票と母子健康手帳をお持ちのうえ、予防接種実施医療機関で接種してください。

予診票は、対象のかたへ個別に発送しております。

予診票をお持ちでないかたは、池袋保健所または長崎健康相談所、または池袋保健所出張窓口(区役所4階)でお渡ししています。母子健康手帳をお持ちのうえお越しください。

健康被害に対する救済制度について

定期予防接種としてうけた場合、予防接種健康被害救済制度が適用されます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2017年8月28日