ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 令和元年度高齢者インフルエンザ予防接種

ここから本文です。

令和元年度高齢者インフルエンザ予防接種

インフルエンザ予防接種は、インフルエンザにかかりにくくし、かかっても重症化しないようにするためのものです。

予防接種法の対象でインフルエンザ予防接種を受ける方に期間中1回助成を行ないます。

接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに2週間程度かかり、その効果が充分に持続する期間は約5ヶ月間とされています。

なお、一般的には65歳以上の方は1シーズン1回の接種で効果があります。

対象者

豊島区に住民登録があり、次の1または2のいずれかにあてはまる方(令和元年12月31日現在)

  1. 65歳以上の方
  2. 60歳以上64歳以下で、心臓・腎臓・呼吸器機能・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能のいずれかに障害があり、身体障害者手帳1級をお持ちで日常生活が極度に制限される方

対象者には令和元年9月末に案内の封書を発送しました。

令和元年10月~12月に対象年齢(65歳)になる方には順次通知いたします。

接種期間

令和元年10月1日~令和2年1月31日

接種費用

自己負担額2,500円

生活保護を受給している方、中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律による支援給付を受けている方は無料です。

高齢者インフルエンザ予防接種実施医療機関

豊島区内の実施医療機関の名簿は以下のとおりです。予約が必要な場合がありますので、あらかじめ医療機関にお問い合わせのうえ予防接種を受けてください。

「令和元年度高齢者インフルエンザ予防接種実施医療機関」(豊島区)(PDF:218KB)

豊島区以外の22区の医療機関で接種を希望する場合、その医療機関が所在する区の契約機関であれば、豊島区のインフルエンザ予防接種予診票を利用し接種を受けることができます。

接種を希望する医療機関がその区の契約機関であるかどうかは、希望する医療機関または、医療機関が所在する区の予防接種担当部署にお問い合わせください。

23区外で定期予防接種を希望される場合

23区外で定期予防接種を希望する場合、「予防接種実施依頼書」の発行が必要です。

また、豊島区が定めた自己負担額を超える費用については「豊島区定期予防接種費用助成金」の交付対象となる場合があります。

詳しくは23区外で定期予防接種を希望される方へを参照ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2019年10月1日