ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 医療機関等へのお知らせ > 定期予防接種予診票23区統一様式への移行について

ここから本文です。

定期予防接種予診票23区統一様式への移行について

平成28年度から豊島区では23区統一様式の定期予防接種予診票に移行していくことになりました。

以下のとおり変更されますので、ご不明な点がございましたら、下記担当へお問い合わせくださいますよう宜しくお願いします。

子どもの予防接種

  • 4種混合とMRと水痘から切り替え、他のワクチンの予診票も在庫が無くなり次第切り替える予定です。
  • 予診票下部の接種済証がなくなるので、母子手帳に記録してください。母子手帳を忘れたかたには、「予防接種記録票」に記入し、交付してください。(以下よりダウンロードできます。)
  • 予診票の記入欄の変更は「豊島区定期予防接種予診票23区統一様式への移行に伴う変更点(子ども)」を参照してください。

高齢者の予防接種

  • 平成28年度の高齢者肺炎球菌から統一様式に切り替えます。
  • 2枚複写から3枚複写になり、予診票の下部を切り取るのではなく3枚目が本人控えとなります。
  • 予診票の記入欄の変更は「豊島区定期予防接種予診票23区統一様式への移行に伴う変更点(高齢者)」を参照してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2016年4月6日