ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 成人男性を対象とした風しんの追加的対策(第5期定期予防接種)について

ここから本文です。

成人男性を対象とした風しんの追加的対策(第5期定期予防接種)について

1962(昭和37)年4月2日から1979(昭和54)年4月1日生まれの男性を対象に、2022年(令和4年)3月31日までの3年間に限り風しん抗体検査と定期予防接種を公費で受けられる事業が始まりました。

豊島区内の医療機関だけではなく全国の医療機関で受けることができます。

風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関一覧(厚生労働省ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

風しんとは

風しんは、風しんウイルスの感染によって起こる感染症です。ウイルス感染後、2週間から3週間の潜伏期間の後、発疹、発熱、リンパ節の腫れが認められます。

免疫を持たない場合は、大人でも感染・発病します。
また、妊娠初期に感染すると胎児に感染し、赤ちゃんが白内障や難聴、先天性心疾患を特徴とする先天性風しん症候群を発症する可能性が高くなります。
風しんは特異的な治療法は無く、対症療法が中心となります。感染を防ぐ唯一の方法はワクチン接種です。

1.風しん抗体検査の対象者

豊島区に住所を有する昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性。

2.風しん予防接種の対象者

上記抗体検査対象者で、風しん抗体検査の結果十分抗体がないことが判明した方(HI法8倍相当以下)。

検査及び接種費用

区が発行するクーポン券を持参いただくことで全国の受託医療機関で無料で受けることができます。
事前に希望する医療機関へお問い合わせ・予約後、クーポン券と下記書類をご持参ください。

受診時の住所及び年齢が確認できる本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)
・(予防接種の場合)風しんの抗体価が不十分であることが分かる検査結果の書類
※「風しんの抗体検査受診票(本人控え)」など

抗体検査結果や接種の記録は同意をいただいたうえで、豊島区に提出されます。ご了承ください。

平成31年度におけるクーポン券の発送について

昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性に、5月22日(水曜日)に一斉発送しました。

昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性は、希望者に発行します。(6月以降)
希望される方は下記担当までご連絡ください。

健康推進課管理・事業グループ:03-3987-4173

転出された方は豊島区が発行したクーポン券はご利用いただけません。転出先自治体にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

更新日:2019年6月5日