ホーム > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 妊娠届・母子健康手帳 > 妊娠したときは 妊娠届・母子健康手帳・保健バッグ

ここから本文です。

妊娠したときは 妊娠届・母子健康手帳・保健バッグ

妊娠届・母子健康手帳・母と子の保健バック

妊娠届受付窓口

豊島区にお住まいで、医療機関で妊娠の診断を受けたかたは、最寄りの保健所・健康相談所又は区民事務所に届け出てください。母子健康手帳を交付します。

池袋保健所健康推進課 東池袋1-20-9 03-3987-4173
長崎健康相談所 長崎3-6-24 03-3957-1191
東部区民事務所 北大塚1-15-10 03-3915-9961
西部区民事務所 千早2-39-16 03-4566-4021
池袋保健所出張窓口(豊島区役所4階) 南池袋2-45-1 お問い合わせは池袋保健所までお願いします。

窓口受付時間
月曜日から金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
午前8時30分から午後5時(開所時間午前8時30分から午後5時15分)

届出にあたって

  • 届出書に、受診した医療機関名・所在地・妊娠週数・出産予定日等を記入していただきます。
  • 妊娠の証明書等は不要です。
  • 平成28年1月以降、妊娠届出書にマイナンバーの記入とご本人確認が必要になりますので、下記(1,2のいずれか一方)のものをご持参ください。
  1. 個人番号カード(写真付き)
  2. 通知カードまたは住民票(マイナンバー付き)+ご本人確認書

    • ご本人確認書類は、運転免許証、パスポート、健康保険証など官公署発行の証明書が必要となります。
    • 写真付きでないものは、2点以上必要となります。

代理のかたが申請する場合

代理のかたによる届出も可能です。以下1から3のものをお持ちください。

  1. 来所される代理のかたのご本人確認書類
    • ご本人確認書類は、運転免許証、パスポート、健康保険証など官公署発行の証明書が必要となります。
    • 写真付きでないものは、2点以上必要となります。
  2. 妊婦のかたのマイナンバーを確認する書類
    • 個人番号カード(写真付き)または通知カードまたは住民票(マイナンバー付き)が必要となります。(写しでも可)
  3. 委任状

委任状の記入例(PDF:47KB)
委任状が必要な場合には、記入例を参考に自筆で作成してください。

母と子の保健バック

妊娠届を提出したかたに、母と子の保健バッグを差し上げます。

保健バッグの内容

  1. 妊婦健康診査受診票〔初回検査と2回目以降13回の計14回〕と妊婦超音波検査受診票(都内の妊婦健康診査実施医療機関で使用できます。ただし、一定額を上限として助成するものであり、医療機関での検査内容等により別に料金がかかります。)
  2. 先天性代謝異常検査のお知らせ
  3. 母親学級等のお知らせ
  4. 出生通知票(赤ちゃん訪問用です。生後2週間以内に出してください。)
  5. 「ハロー赤ちゃん」(池袋保健所・長崎健康相談所で行なっている母子保健事業をまとめたパンフレット)など

ゆりかご・としま事業

妊娠届を提出したかたは、ゆりかご・としま事業の対象者となります。

妊娠中のさまざまな不安を軽減し、安心して出産を迎えていただくために、助産師・保健師が面談を実施し、面談を終了された方には”ゆりかご応援グッズ”をお渡しします。

詳しくは、ゆりかご・としま事業をご参照ください。

風しんの感染に注意してください。

一昨年より風しんの流行が継続しています。
免疫のない女性が妊娠中に風しんに感染すると、胎児が先天性風しん症候群にかかるおそれがあります。妊娠中のかたは予防接種を受けることができないため、周りの人から感染しないよう十分注意が必要です。

豊島区では、平成26年4月1日より先天性風しん症候群の発生防止を目的とした抗体検査を実施するとともに、抗体価の低いかたに予防接種を実施します。

詳細は「先天性風しん症候群対策(風しん抗体検査および予防接種のページをご覧ください。

先天性風しん症候群対策(風しん抗体検査および予防接種)

関連情報

「妊婦健診を受けましょう(すこやかな妊娠と出産のために)」(厚生労働省)(新しいウィンドウで開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2016年3月23日