ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 熱中症にご注意ください!

ここから本文です。

熱中症にご注意ください!

これからの季節に気をつけたい熱中症。暑くなるにつれて徐々に患者数は増加します。真夏に水分も取らずに運動して、気分が悪くなった経験はありませんか?運動時はもちろん、夏の屋外だけではなく、気温・湿度の高い建物や閉めきった室内でも熱中症が発生する危険があります。ここ数年は猛暑の影響で、熱中症の患者数も増加しています。今年も本格的な夏の到来を前に予防をしましょう。

熱中症とは

高い気温や高い湿度の中で、体温の調節ができずに体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体調不良となる状態です。日射病や熱射病は、熱中症のひとつです。重症のときは、死に至る場合もあります。

熱中症はどんな時に起きやすい?

高温多湿で風通しの悪いところはもちろん、アスファルトやコンクリートの照り返しで温度が急に高くなる場所でも注意が必要です。
また、通気性の悪い服を着ているときや、急に激しい運動をしたときなど、体温調整がうまくできずに熱中症を起こすことがあります。
寝不足や過労など日頃の体調不良も影響します。

高齢者・乳幼児は特にご注意を

〔高齢者〕
体温調節に大切な発汗と血液循環の機能が加齢に伴い低下します。また、のどの渇きを感じにくくなり、水分不足になりがちです。高齢者の水分不足は、血液が濃くなり、脳梗塞などを起こしやすいので、こまめに水分を取るようにしましょう。直接日光の当たらない室内で、しかも夜間でも昼間の熱がこもり、熱帯夜のようなときには、寝ているうちに熱中症になる場合があります。寝る前や朝起きたときにも水分補給をしましょう。

〔乳幼児〕
汗腺をはじめとした体温調節機能が十分に発達していないので、熱中症を起こしやすく、悪化しやすい乳幼児。炎天下では帽子をかぶりこまめに水分補給をしましょう。炎天下でなくても、締め切った車内では急激に温度が上昇します。車内に子供だけを置いて離れることは絶対やめましょう。
ベビーカーでの外出は、地面からの照り返しが加わり、おとなが感じる以上に暑くなるので気をつけましょう。

熱中症は予防が大事!

日常生活での予防

1.暑さを避ける。

  • 外出は日時を検討し、暑い日は決して無理せず適宜休憩しながら、日陰を選んで歩く
  • クーラー、扇風機、緑のカーテン、すだれなどで室温を調整する
  • 吸汗・速乾素材などを活用し、ゆったりとした通気性の良い衣類を選ぶ。日傘や帽子を使う

2.水分や塩分をこまめに補給する。

3.急に気温が上がった日は特に注意する。

4.日頃から運動などで汗をかく習慣をもつなど、暑さに備えた体作りをする。

5.体調が万全でない時は無理をしない。

6.集団でのスポーツや活動をする時には声を掛け合い、休憩をとる。

熱中症になったら

熱中症の重症度別対処法

重症度 主な症状 対処法
重症度1 めまい、立ちくらみある
筋肉のこむら返りがある(痛い)
ふいてもふいても汗が出てくる
  • 涼しい所に避難させましょう
  • 着衣をゆるめましょう
  • 水分・塩分を補給しましょう
重症度2 頭がガンガンする(頭痛)
吐き気がする・吐く
体がだるい(倦怠感)

重症度1の対処法に加えて

  • 足を高くして休ませましょう
  • 自分で水分・塩分が摂れないようならすぐに病院へ
重症度3

意識がない、高い体温である
体がガクガクとひきつける(けいれん)
呼びかけに対し返事がおかしい
まっすぐに歩けない・走れない

  • すぐに救急隊の要請を!
    救急車が到着するまで、重症度1,2度の対処法に加えて
  • 水や氷で体を冷やしましょう(首・わきの下・足の付け根など)

出典:熱中症環境保健マニュアル

関連情報

  • 環境省「熱中症予防情報サイト」(新しいウィンドウで開きます)
  • 総務省消防庁熱中症情報(新しいウィンドウで開きます)
  • 厚生労働省熱中症関連情報(新しいウィンドウで開きます)
  • 熱中症予防声かけプロジェクト(新しいウィンドウで開きます)
  • 気象庁(新しいウィンドウで開きます)
  • STOP熱中症教えて!「かくれ脱水」(新しいウィンドウで開きます)

  • お問い合わせ

    更新日:2017年5月1日